土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

私は国民学校一年生
                私は国民学校1年生

 昭和16年12月8日、日本が太平洋戦争に突入した時、私は国民学校1年生だった。
昨日、11月24日の新聞報道で、『国民学校1年生の会』が戦争法の廃止を求める声明を発表したことを知った。『国民学校1年生の会』が、作家の大江健三郎さんや、故作家の井上ひさしさんたちによって立ちあげられ、活動していることは、以前、やはり新聞報道で知っていた。「俺も国民学校1年生だったな」とその時思ったものだった。
 報道によれば声明では、戦争法を「違憲・違法」であるとし、オール日本の真に民主的な政府を実現して、日本国憲法の5原則を誠実に履行させると結んでいるようだ。
 私を含めて国民学校1年生は、戦時中、天皇制軍国主義の教育のもとで、天皇のために死ぬことを教えられて、小学生活の大半を過ごした。まさに暗黒の時代だった。
 だが同時に、私たちは戦後誕生したばかりの新制中学で、「あたらしい憲法のはなし」(文部省発行)を学んで育った世代でもあった。民主主義への最初の歩みを始めた世代だ。
「…そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは「すててしまう」ということです。しかし皆さんは、けっして心ぼそく思うことはありません。日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
もう一つは、よその国と争いごとがおこったとき、相手をまかして、じぶんのいいぶんをとおそうとしないということをきめたのです。おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。なぜならば、いくさをしかけることは、けっきょく、じぶんの国をほろぼすようなはめになるからです。また、戦争とまでゆかずとも、国の力で、相手をおどすようなことは、いっさいしないことにきめたのです。これを戦争の放棄というのです。そうしてよその国となかよくして、世界中の国が、よい友だちになってくれるようにすれば、日本の国は、さかえていけるのです。
 みなさん、あのおそろしい戦争が、二度と起こらないように、また戦争を二度とおこさないようにいたしましょう。」(「あたらしい憲法のはなし」18ページ)
こんな憲法は現実にあわない。だから改正しなければならない。と主張する人たちがいる。だが、こう主張する連中こそ、日本国法を実現させるための努力をないがしろにし、既成事実を次々と作りだし、憲法は現実にあわないと安保法制を強行し、日本を戦争する国にしてきた張本人たちではないか。
戦争と言わず、テロとの戦いと言わず、およそ軍事力による解決などあり得ない。アメリカに追従して沖縄だけでなく、日本本土にもまた戦力を展開することをもくろむ安倍政権への、抗議の声明と心するがいい。『国民学校1年生の会』の声明こそが真理だ。
[PR]
# by tsukushi--juku | 2015-11-25 21:18 | Comments(0)
軍事力の行使で平和はもたらされない
   軍事力の行使では、平和はもたらされない

フランス・パリで同時多発テロが起こった。テロはどのような理由があっても許せない。事件の詳しいことは報道に任せるが、フランスが近年中東アフリカで軍事介入を強めている。そのなかで起こったことは確かなようだ。
 軍事介入はテロを引き起こし、テロの拡大はさらなる軍事介入を引き起こす。これは今回だけではない。アメリカは14年8月にイラク北部で、翌年9月にはシリア領内で空爆を繰り返してきた。病院施設への空爆は、多くの病院関係者、患者を殺傷した。まだ、記憶に新しい。米軍主体の空爆はすでに8000回に及ぶという。大国の度重なる軍事介入、軍事力の行使はテロを一層拡大させてきた。軍事介入とテロ、その連鎖の中には平和はない。
軍事力を「抑止力」とする安倍政権の道は、決して平和につながる道ではない。安保法制=戦争法の先に平和はない。日本は、今こそ憲法の「平和主義」の旗を高く掲げるべきなのだ。

「…日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われら安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは全世界の国民が、ふとしく恐怖と欠乏から免れ平和の内に生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立とうする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力を挙げてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。」(憲法前文)

 現実的ではない、というかもしれない。だがこれこそが真理なのだ。日本が、世界が平和に生きて行く何よりの保障なのだと私は信じる。
[PR]
# by tsukushi--juku | 2015-11-20 22:21 | Comments(0)
くるみ
 自然薯掘りは私の秋の楽しみだが、なかなか時間が取れない。先日、自然薯探しに散歩を兼ねて林をまわった。 自然薯は12月になるとつるが飛んで、見つけられなくなるから、今のうちに印をつけておくのだ。林をまわっているときクルミがたくさん落ちているところを見つけた。拾ってきて水洗いし天日で乾かしてておいたが、子どもたちに食べさせてやった。殻を金づちでわるのだがまだ子どもたちにはできない。その日作文の時間だったが、子どもが次のような作文を書いた

         クルミと美しいカミキリムシ 
                            ( 4年生)

 今日は、サツマイモのお菓子を母が作ってくれたので、土筆へ持って行った。お菓子を先生に渡したら、先生からどっさり袋に入ったクルミをもらった。先生はトンカチでクルミをわり、実を僕に食べさせてくれた。そしてクルミには2種類あって、オニグルミとヤマグルミ。これはヤマグルミだと教えてくれた。
 その後、みんなでクルミをわってもらって食べた。
 今日作文に書くこともそのクルミに関係のあることだ。もう今の時期では全く見られないと思うが、初夏から夏の終わりにかけて活動するカミキリムシの仲間、ルリボシカミキリという虫がいる。姿は全体に宝石のように美しい。青に黒い斑点ガあり、日本カミキリの中でもひときわ美しいカミキリだ。そんなルリボシカミキリは、クルミの古木などに集まったりするらしい。(幼虫がクルミの古木で育つのかもしれない)そのため、もし夏に山でクルミがあったら、ぜひ、たちよってみたい。
 ルリボシカミキリも大変美しいが、奄美大島にはルリボシカミキリに模様が似ている、赤いカミキリムシがいるらしい。
他にもトラカミキリといって種類の多いカミキリがいる。模様がトラに似ているからこんな名がついているのだが、代表的なのはオオトラカミキリとトラフカミキリで、スズメバチにぎたいしているらしい。また、ちょっとトラとはかけはなれているトラカミキリもいる。このトラカミキリも美しい。
もうとっくに時期はすぎているカミキリムシに、あらためてみりょうされた僕は、胸がはちきれるほど
、来年の夏が待ちどおしい。
[PR]
# by tsukushi--juku | 2015-11-14 21:18 | Comments(0)
政治的中立ということ
   政治的中立という言葉

 安倍政権のもと「政治的中立」とか「政治的公平」といった言葉が目に付く。この言葉、いかにももっともらしく聞こえるが、国民の政権への批判をかわす、あるいは国民の批判する力を奪う有効な手段として、自民党政権が利用してきた言葉に思えてならない。「中立」とか「公平」の基準は何か、その判断は安倍・自民党政権の手に握られる。安倍政権の、憲法をないがしろに進められているさまざまな国策を批判することは「政治的中立」に反することになるのだ。安保法制=戦争法を批判することは中立に反し、立憲主義、民主主義、平和主義を取り戻そうとする主張はすべて「政治的中立」に反し「政治的公平さを欠く」と言うことになる。
 それは最近の安倍政権の動き、それにおもねる地方公共団体などの動きを見ればよくわかることだ。 
 10月29日、文部科学省が全国の高校に対して高校生の政治活動に関する「通知」を出した。通知では、高校生は休日や放課後に政治活動はできるが「違法、もしくは暴力的になる恐れが高い場合は、制限したり禁止したりする」と言う条件をつけている。「違法」ということになれば安保法に反対するデモや集会、原発への賛否まで含まれかねない。「恐れ」を判断するのは校長だ。生徒会活動や部活動も、政治にかかわる活動は禁止される。何が政治的か、判断は学校側にあり最終的には校長にある。
 そして教師には「政治的中立」が厳しく要求され、罰則まで果すと言う。
 18歳からの選挙権を与えていながら、教師からも生徒からも「批判力を奪い」、政権の思うがままに、国民をコントロールしようとする極めて危険な内容だ。
 安倍政権が国民の多数の意見を無視し、大多数の憲法学者や、歴代の内閣法制局長官、元最高裁判所長官の反対を押し切って独裁的傾向を強め、暴走している時、意に従わない人々への排除をマスコミや教育にまで広げようとしていることを決して軽く見てはならない。
 「政治的中立」というもっともらしい言葉の裏にある権力の意図をしっかりと見抜いていきたい。
  
 
[PR]
# by tsukushi--juku | 2015-11-07 20:52 | Comments(0)
第3次安倍内閣
       これだけはしっかりと記憶しておこう

 九月七日、第三次安倍改造内閣が発足してしばらく経った。多くを書くつもりはない。ただこれだけは記憶しておこう。今、自民党の国会議員を中心に、三つの国会議員懇談会・議員の会というのがある。「日本会議国会議員懇談会」「神道政治連盟国会議員懇談会」「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」だ。いわゆる「靖国派」と呼ばれる集まりだ。
 周知のように、靖国神社は太平洋戦争推進の精神的シンボルであり、靖国神社内の戦争博物館「遊就館」展示されている歴史観は、日本のかつての侵略戦争をアジア解放の正義の戦争として美化し正当化するものである。靖国神社はその拠点となっている。
 今回の安倍改造内閣の閣僚22名の内、公明党の石井国土交通相を除く21名は、三つの議員懇談会・議員の会のいずれかに名を連ねる、靖国派だ。中でも安倍首相、高市総務相、塩崎厚労相、林経産省、中谷防衛相、甘利経済再生担当相、加藤一億総活躍担当相、石破地方創生担当相の八人はこの三つすべてに加盟している。第二次安倍内閣の閣僚19人中15名が、日本最大の右翼団体『日本会議』に呼応した議員懇談会に加盟していたことは、以前土筆通信にも書いた。今回の安倍内閣は日本会議国会議員懇談会を含む、右翼的集団「靖国派」に21名が参加しているというのだから、この内閣がどのようなものであるかは歴然としている。どんなに美辞麗句を並べようが、どんな目くらましを連発しようが、どんなアメを用意しようが、内閣の狙いははっきりしている。日本を戦争する国にした先の安保法制=戦争法はこうした流れの中に位置づけられている。最終的には憲法を改正することが彼らの使命だ。憲法を失えば、日本は土台をひっくり返されたことになる。
 こんな内閣であることを決して忘れてはならない。
[PR]
# by tsukushi--juku | 2015-10-19 14:52 | Comments(0)
本当の味方、平和の担い手はどっちだ
         私たちの味方は、未来の担い手はどっちだ 

 安保法が強行成立されて一カ月。
 渋谷で大規模な集会があった。その名は「SEALs」(シールズ)。
 「ハチ公」を取り囲んで若者たちのたちの波、波、波。
 「政治はいつも私たちに生活に忍び込む。
それを許すのも許さないのも、私たち一人一人。
愛する日常を、生活を脅かされないために。」とある大学生。
「自分で考え、自分の意見を持つ、それを発信する。
しっかりと政治と向き合いたい」ある高校生がマイクを握る。
「いつもどこかで、誰かの不断の努力の積み重ねの上に私は立つ。
いつかそのバトンは回ってくる。私たちの番なのです。」ある女子大学生だ。
「大好きな日本が戦争する国になってほしくないから、
自分も何かしたい。」初めて中学生もマイクの前に立った。
 お母さんたちも、おばあちゃんたちも加わった。
 「野党の共闘」がコールされる中、
5党の国会議員が手を取り合い、高々とつきあげる。

政治を変えるのは僕らだ。国の主人公は私たちだ。
  
  若者たちが渋谷に集まったこの日、
  神奈川県沖、相模湾で大規模な自衛隊観艦式があった。
  艦船42隻、航空機39機を動員。
  米軍オスプレイ、最新哨戒機P8Aポセイドンが初参加。
  原子力空母ロナルド・レーガンも姿を見せる。
  最高指揮官安倍首相が、
  自衛隊員を前にとうとうと訓示する。
  「諸君にはいっそうの役割を担ってもらいたい」
  訓示後、「原子力空母・レーガン」に乗船した。
  日米共同行動の見事な「構図」だ。
  軍事的国際貢献、積極的平和主義。
  アメリカと共に地球のどこまでも。

  平和の守り手はどっちだ。
  だが、彼らに未来はない。
[PR]
# by tsukushi--juku | 2015-10-19 14:47 | Comments(1)
安保法強行の日に
           安保法強行の日に     土屋春雄

  安保法を強行した議員さん、
  自分の頭で考え、自分の言葉で語り、
  自分の意思で行動しましたか?
  次期選挙での公認が欲しくて、
  議員のイスが欲しくて
 政党助成金の支給目当てで、
 すっかり思考が停止し、思考を代行してもらって
  金魚のフンのようにふらふらとくっついていきませんでしたか?
  それとも根っからの戦前志向、戦争好きの『確信犯』ですか?

  あなたたちの目に、生気はなかったですね

 安保法を強行したお仲間の議員さん
 やっぱり権力の座にしがみつきたくて
 時には「アベ政治」の「後方支援」
 時には下僕となっての露払い
 自分の頭で考え、自分の言葉で語り
 自分の意思で行動しましたか?
 それとも「歯止めをかけた」と本気で思っているのですか?

 あなたたちの目に、生気はなかったですね

 自分の頭で考え、自分の言葉で語り
 自分の意思で集まった
 何万何十万の若者たち、ママたち、
 かつての戦争の苦しみを
 そのしわに刻み込んだ老人も、曲がった腰をしゃんとのばし
 魂の言葉を叫び続けた、老若男女の国会行動の日々
 間違いなく未来につながっていますよ

 その瞳は生気にあふれています

 安保法を強行した議員さん
 勝負はこれからですよ
[PR]
# by tsukushi--juku | 2015-09-25 09:49 | Comments(0)
許さない、認めない!
               許さない、認めない!
                   安保法成立の暴挙      

 安保法が自民・公明などの暴挙によって成立しました。
圧倒的多くの憲法学者、元最高裁長官、元内閣法制局長官、1万をはるかに超えた学者、大学生、高校生などシールズに集まった若者たち、子どもを持つママ、文化人、演劇・映画人、勤労者も商工業者、全国津々浦々で沸き起こった多くの国民の声を無視して強行しました。歴史に残る暴挙です。
 私たち「子どもの未来と憲法を考える会」は「ストップ戦争法案 清瀬市民の会」と手を携えて、安保法案を廃案に追い込むために活動してきました。この間、たくさんの方たちの協力をいただき、また、声なき声にはげまされてきました。
残念ながら安保法=戦争法は成立しました。しかし、私たちはあきらめません。これからも戦争法を認めないあらゆる活動を続けていきます。子どもたちの未来を戦争の危険にさらしてはなりません。子どもたちの未来を希望の持てない、暗い時代にしてはなりません。これからも有形無形のお力添えをお願いいたします。共に力を合わせましょう。

      2015年 9月20日 
             「子どもの未来と憲法を考える会」
            連絡先 清瀬市中清戸3―251 土屋春雄
            TEL・FAX 042―492―1681
[PR]
# by tsukushi--juku | 2015-09-21 10:03 | Comments(0)
安保法案強行採決
            安保法案=戦争法案採決強行の暴挙

 安保法案=戦争法案が、特別委員会で強行採決される場面をテレビで観た。議場は騒然、委員長が何を言っているのかもわからない。こうした中で採決が強行された。私は7年間国会にいた。こうした場面は何回も経験しているが、何回経験しても『怒り心頭』許せるものではない。私が国会にいる間のすべての『悪法』はこうした強行採決によって成立した。
 今回の安保法案は数々の『悪法』の中で最たるもの。日本の歴史に最大の汚点を残すことになった。
 国会での会議の状況はすべて会議録に記録される。17日の参議院安保特別委員会の会議録(未定稿〉は、次のようになっている。

 O理事(佐藤正久君) 他に御意見もないようですから、討論は集結したものと認めます。
  これより採決に入ります。
  我が国及び国際社会の平和安全法制に関する、特別委員長鴻池祥肇君不信任の動議に賛成の方の起立を願います。(賛成者起立)
 O理事(佐藤正久君) 起立少数と認めます。よって、本動議は賛成少数により否決されました。鴻池委員長の復席を願います。速記を止めてください。(速記中止)
(理事佐藤正久君退席、委員長着席)
 O委員長(鴻池祥肇君)・・・(発言する者多く、議場騒然、聴取不能)(委員長退席)

 これが強行採決前後の会議録だ。これが採決と言えるだろうか?暴挙としか言いようがない。こんな採決は認められない!
 今私は安保法案の中身についてあれこれ書くつもりはない。安保法案賛成の立場にあるY新聞、S新聞などを除くすべての新聞がそれぞれの角度から論じているから、改めて書くこともないだろう。ただ、連日、 国会を取り巻く何千何万人の民の声を完全に無視した、自・公など、賛成した議員の行為は許せない。
 私たちは「子どもの未来と憲法を考える会」「ストップ!戦争法案 清瀬市民の会」を軸に安保法案廃案を訴えて活動してきた。この活動の中心になって、精力的に活動してきたAさん、国会前にも何回も何回も足を運び、それこそ寝食を忘れて頑張っているAさんが安保法案の戦いが大詰めを迎えた折、メールを寄せてくれた。「……こんなに頑張っても通過していくのかと暗澹たる思いです……」気持ちは痛いほどわかる。私は次の様に返信をした。

連日御苦労さま

 戦いはいよいよ大詰め。14日妻や娘たちは国会の行動に参加する。僕は授業があるから参加できない。どこまで追いつめることができるか、戦いはまだ続きますね。
仮に強行されたとしても、それで戦いが終わったわけではない。勝利は彼らの手にはない。安倍政権を追い詰める戦いは、引き続き、戦争法案にかかわるあらゆる問題でも、沖縄辺野古基地建設にかかわる問題でも、原発再稼働問題でも、消費税10%問題でも、労働者派遣法問題でも、小選挙区制や政党助成金問題でも、あらゆる分野にわたっています。これらの戦いの力を、来年の参議院選挙にどうつなげるか。さらに自・公政治を打ち破る戦いをどう発展させるか。戦いは休むことなく続きます……。

 18日早朝、Aさんから「国会の傍聴にいきませんか」と誘いがあった。授業があるから参加できないが、みんな決してあきらめてはいない。さらに大きな力を発揮して運動を継続していくにちがいない。私も同様だ。
[PR]
# by tsukushi--juku | 2015-09-18 18:44 | Comments(0)
戦争法案大詰め
  安全保障関連法案=戦争法案 大詰め

 マスコミはあまり報道しないが、連日国会周辺は緊迫した状況にある。座り込み行動も始まった。昼座り込み、夜大規模な集会。11日金曜日は一万人が「安倍やめろ」「戦争法案絶対反対」とコール。「シールズ」の若者たち、学生たち、学者の会の学者たち、さまざまな層の方たちがスピーチしたという。国会周辺だけではない。全国各地でもその勢いは強まるばかりだ。例えば「安保関連法案に反対するママの会」は、北海道から沖縄まで38都道府県50の会が、さまざまな活動を展開しているという。地方からも、村長が、自治会長が、消防団長が、僧侶が、都市部はもとより村や町に至るまでその広がりはかつてなかったことだ。「戦争法案廃案」の戦いはまさに大詰めだ。

 土筆通信1336号(7月2日)で、私が教師時代、神戸で高校生交流会にかかわっていたころ、三菱重工の養成工、当時定時制高校生だったというK君からの突然の手紙と、その後のメールのやり取りを紹介したが、そのK君からメールと「いなみ平和だより」の記事が送られてきた。安保法案=戦争法案に反対する地方の戦いの一つとして紹介しておきたい。

憲法違反の「戦争法案」は許さない!

 12万人の国会を包囲するデモに対して『誤解だ』と官房長官は開き直りましたが、憲法学者の9割以上が違憲だとするだけでなく、元最高裁長官が違憲だと表明する事態を見れば「安保関連法案」=戦争法案の「違憲か、合憲か」の論議は決着がつきました。廃案しかありません。強行採決が取りざたされていますが「戦争法案反対!」の声をさらに大きくしていきましょう。

  藤田きみゑさんの気迫の訴えー加古川総がかり行動―

 9月5日(土)2回目の加古川総がかり行動では呼びかけ人にもなられた藤田きみゑさんが、自身の従軍看護婦の体験を踏まえて次のように訴えました。
「…戦争で手や足をなくした兵隊の姿を見て、買っても負けても、戦争は人間を悲惨な状況に追い込む。東シナ海の上空を飛んだ時は船を撃沈されて亡くなった方を思い出しました。若い兵士が「戦争はダメだ」と言っている夢を見ることもあります。憲法改悪は許しません。戦争法案はぜったいに反対です」
 95歳の高齢にもかかわらず、凛とした訴えには、参加者も静かに聞き入り、終わると大きな拍手に包まれました。こんな内容だ。写真も添付されていたが省略する。「シールズ関西」の学生、初参加というママさんもスピーチしたようだ。
 さらに広がれ!戦争法案廃案!
 
[PR]
# by tsukushi--juku | 2015-09-14 22:32 | Comments(0)