土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
第3次安倍内閣
       これだけはしっかりと記憶しておこう

 九月七日、第三次安倍改造内閣が発足してしばらく経った。多くを書くつもりはない。ただこれだけは記憶しておこう。今、自民党の国会議員を中心に、三つの国会議員懇談会・議員の会というのがある。「日本会議国会議員懇談会」「神道政治連盟国会議員懇談会」「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」だ。いわゆる「靖国派」と呼ばれる集まりだ。
 周知のように、靖国神社は太平洋戦争推進の精神的シンボルであり、靖国神社内の戦争博物館「遊就館」展示されている歴史観は、日本のかつての侵略戦争をアジア解放の正義の戦争として美化し正当化するものである。靖国神社はその拠点となっている。
 今回の安倍改造内閣の閣僚22名の内、公明党の石井国土交通相を除く21名は、三つの議員懇談会・議員の会のいずれかに名を連ねる、靖国派だ。中でも安倍首相、高市総務相、塩崎厚労相、林経産省、中谷防衛相、甘利経済再生担当相、加藤一億総活躍担当相、石破地方創生担当相の八人はこの三つすべてに加盟している。第二次安倍内閣の閣僚19人中15名が、日本最大の右翼団体『日本会議』に呼応した議員懇談会に加盟していたことは、以前土筆通信にも書いた。今回の安倍内閣は日本会議国会議員懇談会を含む、右翼的集団「靖国派」に21名が参加しているというのだから、この内閣がどのようなものであるかは歴然としている。どんなに美辞麗句を並べようが、どんな目くらましを連発しようが、どんなアメを用意しようが、内閣の狙いははっきりしている。日本を戦争する国にした先の安保法制=戦争法はこうした流れの中に位置づけられている。最終的には憲法を改正することが彼らの使命だ。憲法を失えば、日本は土台をひっくり返されたことになる。
 こんな内閣であることを決して忘れてはならない。
[PR]
by tsukushi--juku | 2015-10-19 14:52 | Comments(0)
本当の味方、平和の担い手はどっちだ
         私たちの味方は、未来の担い手はどっちだ 

 安保法が強行成立されて一カ月。
 渋谷で大規模な集会があった。その名は「SEALs」(シールズ)。
 「ハチ公」を取り囲んで若者たちのたちの波、波、波。
 「政治はいつも私たちに生活に忍び込む。
それを許すのも許さないのも、私たち一人一人。
愛する日常を、生活を脅かされないために。」とある大学生。
「自分で考え、自分の意見を持つ、それを発信する。
しっかりと政治と向き合いたい」ある高校生がマイクを握る。
「いつもどこかで、誰かの不断の努力の積み重ねの上に私は立つ。
いつかそのバトンは回ってくる。私たちの番なのです。」ある女子大学生だ。
「大好きな日本が戦争する国になってほしくないから、
自分も何かしたい。」初めて中学生もマイクの前に立った。
 お母さんたちも、おばあちゃんたちも加わった。
 「野党の共闘」がコールされる中、
5党の国会議員が手を取り合い、高々とつきあげる。

政治を変えるのは僕らだ。国の主人公は私たちだ。
  
  若者たちが渋谷に集まったこの日、
  神奈川県沖、相模湾で大規模な自衛隊観艦式があった。
  艦船42隻、航空機39機を動員。
  米軍オスプレイ、最新哨戒機P8Aポセイドンが初参加。
  原子力空母ロナルド・レーガンも姿を見せる。
  最高指揮官安倍首相が、
  自衛隊員を前にとうとうと訓示する。
  「諸君にはいっそうの役割を担ってもらいたい」
  訓示後、「原子力空母・レーガン」に乗船した。
  日米共同行動の見事な「構図」だ。
  軍事的国際貢献、積極的平和主義。
  アメリカと共に地球のどこまでも。

  平和の守り手はどっちだ。
  だが、彼らに未来はない。
[PR]
by tsukushi--juku | 2015-10-19 14:47 | Comments(1)