土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
教育への介入

                      教育への介入

 千葉県柏市の市会議員がフェイスブックに次のような投稿をしていた。「柏の教科書展示会に行ってきました。・・・・歴史教科書は8社。育鵬社と自由社は「米英に宣戦布告した我が国は、この戦争を『自存自衛」の戦争としたうえで大東亜戦争と名付けました。」と書いてある。「南京大虐殺」と記述してあるのは清水書院のみ。後は記述もなかったり、南京事件という記述だったり。公民もげっぷが出るくらい安倍首相が登場していたり、じっくりとみると実に違いがある。ちなみに「実教出版」はありませんでした。『自存自衛の大東亜戦争』なんて子どもたちに教えてほしくないですね」
 『自存自衛』の戦争として、かつての太平洋戦争を美化し肯定する主張は、いわゆる靖国派と呼ばれる勢力のもの。「日本会議・国会議員懇談会」に所属す議員面々と同じだ。安倍首相もその立場に立つ。
 教科書検定で、育鵬社(自由社も同じ立場)のこうした教科書が合格し、教育現場で堂々と使用される。
 ところで、新聞報道によれば横浜市緑区の横浜市立中学校で、一年生の生徒に「自衛隊実弾演習の見学会への参加募集」の文書が配布されたという。横浜の公立中学校では、4年前から育鵬社の公民教科書を使用しているというが、配布された文書では「自衛隊は日本の防衛には不可欠」という教科書の記述を紹介し、この見学会を「日本国憲法の平和主義について学習する一環」と位置付け、「自衛隊や米軍について関心を持ち、平和を守るためにどのような方策がとられているのか意欲的に調べようとしているか」「自衛隊が平和を守る組織として充実している事実を理解しているか」など、生徒を評価する観点まで示しているという。見学は陸上自衛隊富士総合火力演習。戦車、ヘリコプター、火砲による実弾射撃を間近で見学するという。育鵬社や自由社の教科書がこうした教育実践と結びついた時…空恐ろしいと思うのは私だけだろうか。
 教科書検定による文部科学省の圧力はどんどん強められて、育鵬社のような教科書が検定に合格し、あちこちの公立の学校で使用されていくとしたら、教育もまた自民党政権の思うままに勧められるということになりかねない。
教科書問題だけではない、すでに道徳教育の教科化は勧められることになり、政権の意に沿う価値観が上からおしつけられることになりかねない。最近では自民党内で「教員の政治的中立」が叫ばれ始め「違反には罰則を」とまで言い出した。彼らが言う「政治的中立」とは何か。政権を批判することは、政治的中立を犯したと言うこと。政権を批判することは、「特定イデオロギー」ということになる。戦前、権力を批判する勢力をすべて「アカ」として弾圧したことを思い浮かべてもらいたい。
 今、マスメディアの、政権にたいする批判的な報道を規制・攻撃する動きが、自民党若手議員懇話会の勉強会と称して表面化し、大問題になっているが、マスコミ、教育を意のままにするもくろみは、安倍自民党政権にとって最重要課題ということになる。大学の文科系学部を減らそうと言う動きもこうした流れと軌をいつにする。
 だがこんなことを許すわけにはいかない。
 子育て中のお母さん、お父さん。子どもたちが戦前回帰の流れに引き込まれないように、しっかりと考え、声をあげていこう。
[PR]
by tsukushi--juku | 2015-06-29 10:44 | Comments(0)
それでも丁寧な説明というのか

            安倍総理、国会は言葉遊びの場ではない。

 17日の党首討論で、戦争法案の柱、「集団的自衛権」は憲法違反と政府案を3人の憲法学者の批判したことと合わせて、「武力行使をしている(戦争をしている)米軍などへの「後方支援」(武器や弾薬などの補給)は武力行使と一体化しないから憲法違反ではない」とする安倍総理の答弁を巡って、共産党志位委員長との質問のやり取りを、聞いた。
 武器や弾薬などの補給が、武力行使(戦争)と一体のものであることは国際的常識、素人が考えても当たり前のこと。志位委員長の、この点を突いた質問に対する安倍総理の答弁。意識的なのか、日本語の使い方がお粗末なのか、あきれた。答弁をそのまま書きとめてみよう。安倍首相「一体化論についてはですね、これは、国際法上の観点から議論していることではなくて、憲法との関係において概念を整理したものであります。それはもう、委員長も御承知のとおりでありまして、憲法の、いわば禁止する武力の行使に当たらないという、いわば後方支援というものを憲法との関係の概念で申し上げているわけでありまして、国際法との関係ではないわけであります。」なんということはない、国際法の概念にはない(国際法上は通用しない)政府が憲法を勝手に解釈したもの、ということ。何とも回りくどい答弁だ。志位委員長が続けて「一体でない後方支援」という議論こそ、世界で通用しない」という質問に対する答弁「先ほどですね、私はまさに、国際法上の概念ではなくて、憲法との関係で一体化しないという話について申し上げたわけでありますから、東郷局長もその考え方と同じ答弁をされているわけです。そこで、志位委員長とですね、私は、この世界の常識等々について議論したということは、必ず兵站(注・武器弾薬等を補給するところ)は狙われるという議論の中において、必ず、いわば戦闘に巻き込まれると言う議論の中において、質問があったわけでございますから、私はそうではなくてすね、兵站というのは極めて重要であり、いわば兵站において色んな物資を届けるわけでありますから、そこがもちろん脆弱性があるわけでありまして、だからこそ安全な場所を選んで、その届ける物資が奪われてしまってはですね、まさにこれは大変なことになるわけでありますから、だからこそ、われわれはそうはならない場所を選んで後方支援をしていくということについてお話をさせていただいたわけでございます。」
まあ、何とわかりにくい言葉か。要するに兵站はきわめて大事だ。だから攻撃されないような安全な所でやるのだから、武力行使と一体ではない、だから憲法違反ではない、というわけだ。
 何と、現実離れしていることか、これは単なる言葉の遊びとしか言いようがない。戦場において、武器や弾薬の補給を攻撃されない安全なところを選んでやる。こんなことが成り立つはずがない。むしろ兵站は攻撃目標だ。攻撃されれば応戦するということになるのだから、これは戦争行為そのものだ。安倍総理の言い分は国際的には通用しない珍論、素人でもわかること。それを長々と答弁して、丁寧に説明しているというのだからあきれてしまう。
 どう言い繕おうと、憲法違反の法案であることは明白。即刻廃案にすべきだ。
[PR]
by tsukushi--juku | 2015-06-18 21:03 | Comments(0)
戦争法案
       戦争法案に怒りを込めて―戦前の少年時代を振り返りながら

 私たちは、「6月7日(日)、中清戸の児童施設「ころぽっくる」で、安倍政権が進める「戦争法案」反対の立場から、緊急の地域の集会を持った。当日は24名の方たちが参加し、活発な発言が相次いだが、元小学校教師の方が、かつての戦争中の教育に触れながら、次のような歌を歌ってくれた。戦争中を小学生として過ごした人にはなじみの歌だと思うが、まず紹介しておく。

  勝ちぬく僕等

一、勝ちぬく僕等 少国民/天皇陛下の おんために/死ねと教えた 父母の
尊い教えを 受けついで/心に決死の 白だすき/今日も祈りを こめてきた 
二、今日増産の 帰り道/みんなで摘んだ 花束を/英霊室に そなえたら
次は君らだ わかったか/しっかりやれよ 頼んだと/胸にひびいた 神の声
三 僕等の体に こめてある/弾は肉弾 大和弾/不沈を誇る/敵艦も/
一発必中 体当たり/みごと轟沈 させてみる/飛行機ぐらいは なんのその
 もう、説明を加える必要もないだろう。
太平洋戦争が始まった昭和一六年一二月八日、私は国民学校一年生だった。五年生で敗戦を迎えるまで、私はこの歌に代表されるような軍国主義教育の真っただ中にあった。私は伊豆下田の山の中で育ったから、直接戦火にさらされた経験はなかったが、天皇陛下の赤子、天皇陛下の御ために、を学校教育の中で教えられ続けた。今、手元に国民学校当時の通信簿と成績優良者に贈られた優良賞という賞状があるが、その文言は「…右ハ本学年ニ於イテ皇国ノ道ノ修練ニツトメ、其ノ成績優良ナリ ヨッテ之ヲ賞ス」というものだ。皇国の道こそが教育の目的だった。
 当時は、朝は集団登校で、学校が近づくと二列に整列、軍歌を歌いながら、校庭に入ると、宮城に向かって最敬礼をし、奉安殿の前で「第O班総員O名 事故(欠席者)O名、以上終わり」と報告、教室に向かった。軍歌は「エンジンの音轟々と…」と言った「加藤隼戦闘隊」の歌であったり、「四面海なる帝国を守る海軍軍人は…」といった歌だったりした。
 学校の校庭を耕して、サツマイモを作ったことも鮮明に覚えている。赤土の校庭だから肥料が乏しく、馬糞を拾い集めて肥料にしたことも、収穫したサツマイモがやせっぽっちだったことも記憶に残っている。
集落の山間のわずかな広場には、藁人形が杭にくくりつけられて立っていた。アメリカ兵に見立てた藁人形だ。そばに竹やりがあって、「エイ、エイ」と藁人形を突いた。
数え上げればきりがないが、いずれも映画の一コマ一コマのように断片的だ。
 紙面の都合でもうこれ以上は書かないが、教育は子どもを戦争に総動員するためのものであり、国民全体を戦争に総動員するための「支柱」であった。
 
 今、安倍政権は、戦前回帰の方向に大暴走を始めている。教育への干渉しかり、秘密保護法しかり、すべてにおいてだ。安倍政権の閣僚一九人中一五人が、太平洋戦争を美化し、正当化しようと活動している日本最大の右翼団体、「日本会議」に連なる、国会議員懇談会のメンバーだ。太平洋戦争を美化し、肯定する、いわゆる「靖国派」も国会議員の中にはぞろぞろいる。靖国参拝に100名を超える議員が連なって参拝すると言うこの異常さ。安倍政権の本質はここにあると断じていい。今回の戦争法案。憲法違反の解釈改憲の暴挙は、どんなに平和、安全、を乱発しようと、狙いは見え透いている。
 子どもたちを、日本の未来を、戦争の危険にさらしてはならない。

      2015年6月9日、記
                   土筆塾 土屋春雄

 上記の文章は、地域の年金者組合から、原稿を、ということで書いたもの。
[PR]
by tsukushi--juku | 2015-06-12 08:52 | Comments(0)