土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
[生きている限り、この一筋の道を」
          子らと日本の未来を戦争の危険にさらしてはならない
           ―『命ある限り、この一筋の道を』出版に当たってのご挨拶

人生最後になるかもしれない本を出版しました。『生きている限り、この一筋の道を―自分史に代えて』というタイトルの本です。81歳。そして日本共産党に入党して61年。一筋に歩き続けてきた足跡を振り返り、残りの人生を悔いなく歩きたい、そうした思いを込めた本です。
現在の土筆塾を開設したのは42歳の時。土筆塾は38年目を迎えています。土筆塾で子どもと歩んだ日々は『学び創り遊ぶ』(毎日新聞社)、『心を育み心をつむぐ』(八重岳書房)、『子を思う』(ふきのとう書房)、『生きる力と優しさと』(毎日新聞社)の四冊の本と、『土筆塾三〇年と土筆通信1〇〇〇号』、『普段着の子どもたち』、『子らの未来と日本の未来のために』、それに私の歩みを重ねた『私の少年期と青春の断面、そして家族のこと』の四冊の小冊子、『続・子らの未来と日本の未来のために』の電子書籍(アマゾン)で書いてきました。(小冊子は部数限定でしたから目に触れることが少なかったと思います)今回の本は塾の活動、子どもたちのことにはあまり触れず、私自身の人生そのものを振り返っての『自分史』としました。と言っても、その都度の歩みを歴史に照らして年代を追って書いたというものではなく、いわば心の自分史的なものにしました。
 今までの本の中で、私は日本共産党員であることを名乗ったことはありませんでした。しかし自分史を書く以上、一共産党員としての立場を明らかにしないわけにはいきません。私が今日あるのは、共産党員であることと切り離すことはできませんし、私は共産党員であることを誇りに思って生きてきたからです。土筆塾も、共産党員だったからこそ成り立ってきたのだと思っています。
 今、日本は、安倍自民党政権のもと、日本を「戦争する国」に引きずり込む極めて危険な暴走を始めています。私は小学五年生まで、軍国主義政権下の戦前の教育を受けて育ちました。伊豆下田の山の中育ちでしたから直接戦火にさらされたことはありませんでしたが、あの侵略戦争がもたらした自国民310万人の犠牲と、アジア諸国民1000万人超の犠牲を忘れることはできません。日本を再び戦争の危険にさらしてはならない、アメリカと共に「殺し、殺される」危険に若者・未来の若者たちをさらしてはならない。強くそう思います。
 日本が、太平洋戦争という犠牲の上にかち取った平和憲法、とりわけ戦争放棄を高らかに宣言した第九条を変えさせてはならない。どのような事態であったとしても、九条を掲げた不断の外交努力で、日本と世界の平和に貢献する道を貫かなければならない。 
 私の残された人生を、あの戦前の弾圧に抗して、戦争に反対し続けた日本共産党の一員として貫き通さなければならない。それが子どもたちと日本の未来に対する私の責任であると信じています。これからも『命ある限り、この一筋の道』を歩き続けます。
 今回の本は、その決意を込めて書いたといってもいい。私のそんな思いを是非汲み取ってほしい、強くそう願っています。
 1800円という高価な本になりましたが、ぜひご購読いただきたいと思っています。(ご連絡いただければ送ります。)

 2015年 5月          土筆塾    土屋春雄 
[PR]
by tsukushi--juku | 2015-05-15 08:43 | Comments(3)
横田基地にオスプレイ配備
           横田基地にオスプレイ配備

 5月10日付新聞報道で、東京横田基地にオスプレイを配備するという米政府の方針が、日本政府に伝えられたことが報道された。報道によると017年に3機、数年以内にさらに17機を配備し、10機程度を運用する方針だと言う。配備されるCV22オスプレイは特殊作戦機として使用されていて、山岳地帯など過酷な条件下で用いられることが多く、10万飛行時間当たりの事故率は、現在沖縄の米海兵隊普天間基地に配備されているMV22オスプレイよりもはるかに高いという。(12年の米国防省資料)10年4月にはアフガニスタンで墜落、4人が死亡しているという。そのほか訓練中の事故もあり、極めて危険な機種だ。こんなオスプレイが首都東京に配備され、人口密集地である首都圏の上空で運用されることになる。
 私は013年11月6日付で「米軍大和田通信所のアンテナが増強されている」という記事を書いた。その中で「米軍横田基地はC130輸送機の中継基地から、強襲部隊の出撃基地に、また首都圏での低空飛行訓練基地に、さらに航空自衛隊航空総隊司令部が移注し、米軍と自衛隊の一体化が進む基地に変わった。…その通信傍受基地が増強されることが、横田基地の一連の動きと無関係と言えるだろうか」と書いた。
 どうやらその心配が現実味を帯びてきたようだ。
 オスプレイの沖縄・辺野古新基地と一体で、首都圏の基地増強を狙う極めて危険な動きだ。中谷防衛相は「本州の方でも配備していくことに付いては、必要性に応じて調整していくべきではないか」と米政府の方針を容認する姿勢のようだ。
 安倍政権の「戦争立法」をめぐる危険な暴走は、現実の動きの中でどんどん進行している。清瀬や新座に住む私たちも無関係ではいられなくなってきた。
                                                       (5月10日・記)

 オスプレイの横田基地配備については、私がこの記事を書いた翌日から次々と報道が続いている。それらによると、017年に3機配備、20年に17機を配備、それに伴う特殊部隊要員を400人配置すると言う。外務省の担当者は、これらは「特殊作戦飛行隊の新設」であることを明らかにした。
 CV22オスプレイが首都圏上空を飛びまわるようになれば、市民の安全が脅かされるのはもとよりだが、特殊作戦部隊の配備は、まさにアメリカの「殴り込み部隊」の配備であり、戦争への危険性が一層高まる重大事態であることは間違いない。「日米同盟の抑止力、対処のほかアジア太平洋地域の安定にも資する」(防衛相)などというまやかしは通用しない。
 5月14日の「朝日川柳」に*安倍効果こんなに早くオスプレイ というのがあったが、安倍政権の対米従属姿勢は目に余る。
[PR]
by tsukushi--juku | 2015-05-14 21:48 | Comments(0)
後悔したくないから
                   後悔したくないから

 81歳,後悔したくないから、必要な発信をしておきたい。4月27日アメリカと日本の外務・軍事担当相の会合で、新たな日米軍事協力の指針(ガイドライン)が決まった。28日には安倍首相、オバマ大統領の日米首脳会談が行われた。私は、今は政治分野で仕事はしていないから政治論文が書けるわけではない。だから感想程度ということになるが、一言書く。
 日米軍事協力の指針は、まとめて言えば自衛隊が、地球上のどこでも、そしていつでもあらゆる事態に、米軍を支援し戦争に参加できるようにするものだ。わが国の憲法は「最高法規」として「その条項に反する法律、命令、詔勅および国務野関するその他の行為の全部または一部は、その効力を有しない」(第98条)と定めている。その憲法は第9条で「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と定め、第2項でこの目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」と規定している。この憲法をないがしろにし、憲法の上に日米同盟を置く許し難い決定だ。今、安倍政権はこれらを含む「戦争立法」を5月中にも採決しようとしている。『私が憲法だ』と言わんばかりのこの暴走、黙っているわけにはいかない。日本が「殺し殺される」国に変身していくなら、それは間違いなく子どもたちの上に覆いかぶさってくるだろう。
 「日米軍事協力の指針」の全文を読む人は、専門家や、その分野にかかわっている人を除く一般市民の中では少ないだろう。また読んでも「わからない」ことが多いのだ。だが、今、日米同盟、日米協力の実態は急速に進展している。日米合同軍事訓練、軍備の調達、指揮系統の調整を含めて、などなどだ。
 中央政治だけではない。地方政治にまでその影が覆いかぶさっている。例えば29日、練馬で、東京大空襲で被災した海老名香葉子さん原作、有原誠治監督(清瀬市在住、土筆塾卒業生の親)のアニメーション映画『うしろの正面だあれ』の後援を、練馬教育委員会が断ったことが報道されたが、その理由が、「ねりま9条の会」が協力しているからということだったようだ。漫画「はだしのゲン』閲覧を制限した動き、9条を歌った俳句を市報に掲載することを差し止めた動きなどなど、さまざまな地方自治体の動きも露骨になってきている。こうした動きが強まれば、やがて憲法9条を口にする人間が何か特別扱いされかねない雰囲気が作り出されていくだろう。
 安倍政権のマスコミへの懐柔、干渉。教育への干渉も目立ち始めている。政権のこうした暴走は、当然のこととして国民生活の全分野にわたって生活を圧迫して来る。原発問題、福祉問題、農業問題、格差拡大の問題、それこそ挙げればきりがない。安倍首相に異を唱える政権党内の声も影が薄く、それどころか、政治献金や政党助成金など、金にどっぷりつかった政治の腐敗、堕落も目に余る。かつての「侵略戦争美化」の発信基地になっている靖国神社には、100名を超える閣僚を含む国会議員がぞろぞろと参拝し、あるいは安倍首相のように「ま榊」を奉納する.19名の閣僚のうち15名が、日本最大の右翼団体『日本会議』につらなる議員懇談会のメンバーというこの異常さ。
 安倍自公政権の暴走は留まる事がない。にもかかわらず、国政でも、地方政治でも自民党は絶対多数を占める。選挙の投票率は、選挙のたびに最低を記録する。一体これからどうなっていくのだ。
 後悔したくないから、子供たちに顔向けできない生き方はしたくないから、今は小さな力かもしれないが、やがて大きな力になることを信じて、ささやかな発信を続けたい。
 
 
[PR]
by tsukushi--juku | 2015-05-04 18:04 | Comments(0)