土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
政党助成金
                 『身を切る改革』と政党助成金
                           ―政党の堕落―

 1995年政党助成法が、数の力で成立し『政党助成金』制度が開始されてから20年になる。この間、35の党が受け取った金額は6311億2459万円に上る。その受け取った政党のうち27の党が離合集散を繰り返し解散または消滅した。政策や理念そっちのけで助成金目当ての数合わせの結果だ。何の苦労もせず国から巨額の金を手にするこの制度こそ、政治を腐らせ、政党を堕落させる張本人だ。しかも原資はお年寄りから赤ちゃんまでの国民一人当たり250円の税金だ。思想信条にかかわりなく、支持する政党にかかわりなく私たちの税金は6311億2459万円も、これらの政党にばらまかれた。唯一日本共産党だけが、この制度を『憲法違反』として受け取りを拒否し、制度の廃止を要求し続けている。
 政党助成金は国会議員の数によって配分されるわけだから自民党の累計は172億9600万円にもなり、自民党本部の収入の64、6%(013年)にも上る。また、政党助成金をもらって解散・消滅した27の党の総額は20年間で721億1209万円にも上る。
 ちなみに1995年から2014年までに受け取って各党の助成金金額(億円)は次の通りだ。
*自民党…2874億円、*民主党…1857億円、*公明党…471億円、*社民党…347億円、*その他(離合集散を繰り返し新しくできたり解散したりした…761億円。
となる。これらの金額はそれぞれの党の収入の大きな比重を占める。
 先に行われた衆議院選挙で、自民、公明、民主、維新、など各党は、盛んに消費税増税を国民にお願いする以上、「身を切る改革が必要だ」と主張した。この主張が国民の一定部分に、もっともらしく受け入れられたかもしれないが、全くのまやかしだ。
 しかも「身を切る」中身に国会議員、分けても「比例区」の議員を大幅に減らそうと言うことが含まれている。比例区は現在の極めて不公平な選挙制度の中で、わずかに国民の声を反映できる部分であることは、選挙結果を分析すればわかること。議員数の削減は民意を切り捨てることでしかない。「身を切る」と言うなら政党助成金こそ廃止しなければならない。
 政党助成金が「政治と金」の問題で選挙違反を引き起こしたり、極めて不正な使用でマスコミを騒がせたりしたことは、最近の事例だけでも何件もあった。
 「身を切る改革」は消費税増税を国民に押し付けるための口実に過ぎない。共産党の「政党助成金」廃止の主張はまさにその通りだ。しかし政党助成金を受け取っている政党は共産党を除くすべて。この壁を突き崩すには国民世論の力がなければ、数の上ではかなわない。政党支持にかかわりなくこの制度が「おかしい」と言うことを、声を大にして広げていかなければならないだろう。
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-12-26 21:35 | Comments(0)
柚子と卒業生のことなど
                 柚子と卒業生のことなど

 3日前になる。我が家の玄関に、紙袋に入ったたくさんの柚子と、手紙が置かれていた。卒業生Y・Nさんからだった。1997年度卒業だから、もう17年前の卒業生と言うことになる。めったに会うこともなかったが、土筆通信は、途中途切れたことはあったが出来るだけポストに入れるようにしていた。
 まず手紙を紹介する。

   土屋先生

 お久しぶりです。いつも土筆通信を入れていただき、ありがとうございます。土筆通信、なんと1300号を超えたのですね。すごい!私が通っていたころの通信はすべて先生の味のある手書きでしたね。作文の授業でホームランをもらって、通信に載せてもらえることは喜びでした。
 今の子どもたちの作文も、いろいろなことをきちんと見つめ描かれていますね。土筆塾にいる間に、たくさんの大切なことを学んでほしいです。
 私が政治に興味を持てたのも先生のおかげです。子どもにも、難しいことを分かりやすく話してくれましたね。先日の選挙の投票率の低さは残念でした。報道が、「自民圧勝」のイメージを作り上げたことも残念です。さまざまな方向から報道を見ることや、投票することの意味が未来の有権者に伝わればいいのですが…。
 平和な日本がいつまでも続くことは難しいのでしょうか?若い人たちこそ、政治に興味・関心を持たないと…。
 なんだか取りとめのない文章になってしまいましたが、それは日ごろいかに文章を書いていないかと言う証…。
 寒くなりました。お体ご自愛ください。と言ってもよっぽど先生の方が元気ですね!私も負けないようにしないと…。それでは!  Y・N

 冬至を前にして沢山の柚子、その心づかいも、手紙も、胸躍らせるほどうれしい。
Nさんは沢山作文を書いた。小学生3年生ごろからだったろうか。中学3年までのNさんの作文は、たくさん土筆通信に載った。いい文章を書く子で、私はその都度「ホームラン」をあげた。
 一つだけ、紹介しておく。

    ゴミを拾うおじさん(6年生)

 学校へ行くとき、いつもゴミを拾いながら歩いているおじさんさんがいる。家の前の道路から、気象衛星センターまでの間いつも見かけるので、、きっと気象衛星センターの人だと思う。
 この間、おじさんがゴミ拾いを始める最初の動作を見た。そのおじさんは、カバンから、おもむろにゴミ袋とカンゴミばさみを取り出して、燃えるゴミ燃えないゴミを別々に拾っている。
 私はいつも、そのおじさんを、歩きながら追い越すのがとても悪いような気がする。きっと追い越していく人みんながそう思っているに違いない。
 朝、おじさんさんを見かけると、いつも心がすっとするけれど、少し胸がチクッとする。私だって勇気があればできることだ。
 おじさんさんが通った後の道はとてもきれいだ。
 
 Y・Nさんと同級生だったKさんからも、先日手紙をもらった。こちらはママさん。1歳になると言う子どもさんとのツーショットの写真を同封してくれた。「土筆通信が1300号を超えたとのこと、おめでとうございます。1300通以上の元気を先生は発信続けているのですね。これってたいへんなことですョ!今の日本、地震とか…色々、本当にいろいろなことがあるけれど、こうして変わらず通信が発行されて、それが1300通も世の中に広がっている。先生のまっすぐな気持ち、ステキだなっていつも思う…」なんて書いている。
 同封されていた子どもさんとの写真を見ながら、つい、ほほが緩む。Kちゃんが小学3年生の頃だ。私は『心を育み心をつむぐ』の中で「Kちゃんとの会話』と言う文章を書いている。
 「お母さんがね、つくしは遊び塾だから、あまり勉強しないから、つくしをやめて国立学院に行くか、って言うんだよ。」
 「そう、じゃ、つくしやめるか」と言うと「やだ、やだ」と言う。「Kちゃんは、お母さんになんて答えたの?」と尋ねると「やだ、って言ったんだ」と言う。「勉強ちゃんとやっているのにね。どうしてあまり勉強しない遊ぶ塾って言うんだろうね」「竹でっぽう作ってくれたりするからじゃない?」とKちゃん。
 こんなKちゃん結局中3卒業まで土筆塾に通った。このKちゃんが…と思うとついにやにやしてしまう。これもうれしい便りだった。
 長くなるからこれ以上書かないが、昨日会った同じく同級生A君のお母さんに聞いたところでは、彼は今市内の総合病院で調理師として働いているという。卒業生の消息はまだまだ尽きない。いずれ書くことにするが今回はこれでとどめておく。
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-12-20 12:17 | Comments(0)
山芋(自然薯)
               早く山芋(自然薯)掘りに行きたい

 歴史的な総選挙も終わった。自公両党の議席が3分の2を超えた。安倍政権の暴走はますます加速するだろう。52%そこそこの低い投票率と、小選挙区制と言う政権党に極めて有利な選挙制度に支えられた、大量議席の獲得と言うことには違いないが、残念だ。だが、一方で安倍政権に真っ向から対決した党が大躍進したことは、国会内ではもちろん、様々な分野での国民の運動と結びついてさらに大きな力を発揮することも確かだろう。

ところで選挙中は何かと忙しくて、私の楽しみの一つ、山芋掘りに行けなかった。11月に入って3回程出かけたが、11月後半から12月は、全く出かけていない。まだ10本近く見つけてあるから何としても掘りに行きたい。選挙が終わったら、そう思って我慢してきた。
 山芋は、12月に入ると蔓が枯れて節々から飛んでしまうから、見つけることは出来ないが、まだ蔓が飛んでしまわないうちにちゃんと印をつけておいたから、誰かに掘られてしまわない限り、3月ぐらいまでは掘れる。
 この周辺では林も少なくなったし、残っている林も下刈され、整理されてきて、山芋も少なくなった。まだ下刈もされず、ぼさぼさの林か、林の際でないと山芋はない。そんな場所を求めて、今では15分近く自転車を走らせることになる。
 山芋掘りの道具は、穴掘り用の細身のスコップと、突き鍬とよんでいる背丈ほどもある柄の先に、細身の鍬の刃先がついているものだ。鉈も用意する。鋸も持ってはいくがこれはよほど太い根っこが邪魔をしていない限り使わない。
 山芋は蔓の太さによって芋の太さに見当がつく。掘り下げる穴もそれによってやや大きめに掘るかどうかを決める。掘り方は人によっても違うだろうが、私は直径約30㌢㍍程、芋の太さにもよるが1㍍程掘り下げる。地下20㌢㍍ほどは細いが、その辺りから赤土になり、芋も太くなっていく。土の固さ、木の根の具合で、横に曲がったり、枝芋になったりで、ほぼ真っすぐなものはそう多くはない。掘り下げるに従って穴は暗くなり、芋が降りているのが見にくくなる。だから時々グサリと芋を傷つけてしまう。また1㍍以上の大物になると最後まで掘るのはかなり難しい。特に最近は根気も続かなくなって「まあいいや,この辺で折っちゃえ」と言うことにもなる。掘り上げるのに、何せ1時間以上はかかるからだ。
 正月は、大島のわがログハウス風の別荘に行って山芋掘りをするつもりで、夏に周辺を回って10数本見つけ、印をつけてきた。ところが正月大島にはいかないことになった。3月春休みに行くことになるだろうから、その時までお預けだ。
 付け加えておくが、山芋は掘った後、必ず穴を埋めておくのがエチケットでありルールでもある。以前は、この辺りでも穴の開けっぱなしと言う場面にも出会ったが、最近は掘り手もいなくなったのか見かけなくなった。しかし大島では穴を埋めていない場面によくぶつかる。これはルール違反だ。
 
 私は伊豆下田の山の中育ちで、子どもの頃から山芋掘りはずいぶんやった。たいていとろろ汁か、甘辛く煮付けて食べたが、私は、とろろ汁はそれほど好きではなかった。ただ掘るのが好きで、掘り下げるに従って太くなっていく感触が何とも言えなかった。今ではとろろ汁も好きだし、煮付けて食べるのも好き、また、だんご汁のように、すりおろした山芋を澄まし汁に浮かせて食べるのも好き。千切りにしてハナガツオを振りかけて食べるのも好きだが、人にあげて喜んでもらえるのもいい。もちろん掘る楽しみは子どもの頃と変わりはない。
 選挙も終わった。私が一票を行使した政党が大躍進したのだから、山芋掘りも気分良く行ける。
 早く山芋掘りに行きたい!
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-12-15 20:57 | Comments(0)
総選挙公示
  
                   歴史的選挙戦が公示された

 あわただしく総選挙に突入する。歴史的選挙戦だ。紙面が限られているから多くは書かない。
選挙には膨大な金がいる。その金の原資がどうなっているかでその政党の中身が問われる。11月29日、013年度の「政治資金収支報告書」が公表された。新聞報道によると、共産党を除く各政党政冶資金の多くは、企業団体からの献金と、政党助成金だ。
 自民党への企業からの政治献金は前年に比べて42%増えた。アベノミクスの恩恵を受ける大手企業から、多額の献金がつぎ込まれる。加えて議員数に応じて交付される国民一人当たり250円の税金、政党交付金も跳ね上がり、自民党の懐を潤している。これに加えて議員個人への献金、パーティ券(実質上の献金)も含めるとまさに企業献金漬けだ。
 民主党は企業献金が減り、党財政の82,5%が政党助成金。まさに税金で賄われる政党だ。政党助成金は、かつて企業団体献金が政治を腐敗堕落させる基として批判を浴び、その廃止を口実に数の力で成立させた制度。ところが企業からの献金も受ける政党助成金も受け取ると言う二重取り。
第3極などと登場した、くっついたり離れたりの政党も似たりよったりで、政党助成金にぶら下がっている。
 こんな連中が、「身を切る必要」などと称して国会議員を(とりわけ比例部分を)減らすなどと筋違いの主張を繰り返す。身を切ると言うなら民意を切り捨てる議員削減ではなく、企業献金や政党助成金こそ廃止すべきだ。
それぞれの党の、企業献金と政党助成金が占める割合を示した新聞報道もある。紹介しておこう。省略

 いくつ政党があり、どの議員が、その後どの党とくっついたのかさえ分からないというのが今の状況だが、それらもいっしょくたに「野党」という。根っこは同じ単なる選挙目あての「野合」ではないか。
 先に私は、各党の政治資金の原資が企業献金と政党助成金と書き、「共産党を除く」と書いた。共産党は、企業・団体献金も政党助成金も「金で政治をゆがめるもの」として廃止を要求し、企業献金の禁止はもちろん、政党助成金も拒否し続けている。「国民の中での活動で政治資金を集めてこそ、国民主権に立つ政党本来の姿」という主張を掲げ、党費や、支持してくれる個人の献金、しんぶん赤旗等の購読料を原資としている。(私は「しんぶん赤旗」を購読しているが選挙のたびに「カンパ袋」が折り込まれてくる。)
 私は土筆通信1295号に、小渕優子前経済産業相(辞任)問題に触れて「根っこに企業・団体献金と政党助成金」の記事を書いた。
 今回の選挙戦の中でも膨大な金が飛び交うだろう。「政治と金」を巡る問題は、企業・団体の政治献金や政党助成金を廃止しない限りなくならない。こうした金は政党を堕落させ、政治を腐らせる根源なのだからきっぱりと廃止すべきだ。(土筆通信NO1304号の一部)
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-12-02 07:44 | Comments(0)