土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
歴代首相に年2000万円の献金
             「関電、歴代首相に年2000万円
                      計7人、72年から18年献金」

 7月28日、朝日新聞が一面トップで報道した記事の見出しだ。
関西電力で政界工作を担当した元副社長が、実名で朝日新聞の取材に応じたという。少なくとも1972年から18年間、在任中の歴代首相7人に『盆暮れに1000万円ずつ献金してきた』と証言したという。政界全体に配った資金は年間数億円に上ったと報じている。つまり与野党幹部へ200万円~700万円、年計数億円という。そして驚くことにそれらの献金の原資はすべて電気料金だったというのだ。
 詳しい報道はお読みになった方も多いだろう。「原発利権を追う」というこの連載記事は、さらにその4で、「官僚、政治家、学者との宴席代も本社や支店長の専用車、専用運転手、役員のゴルフ代もすべて電気料金」からだってと報じている。
確証はないが、おそらくこうした献金は関西電力だけではあるまい。さらにこうした献金は過去の話だけではないだろう。現在も水面下で進行しているに違いないのだ。
 私は土筆通信1266号で「原発再稼働は許せない」という文章を書いて、その中で安倍政権、電力業界が一体となっている実態を、原発関連企業から自民党への献金の面から書いた。011年、3月11日以降日本電機工業会5000万を筆頭に6億円の献金が、(うち民主党へ2億4950万円)配られている。
 7月19日安倍首相は福岡市内で九州電力会長ら九州の財界人と会食し、鹿児島川内原発の再稼働を要請され「川内は何とかしますよ」と応じたということが報道された。
 自民党のエネルギー基本計画案は原発を「重要なベースロード電源」としている。原子力村、財界の要望にこたえて、川内原発を突破口に原発再稼働に向けて急ピッチだ。
 朝日新聞の取材に実名で応じた関電元副社長の告白は痛烈な自己批判であり「このまま黙り続けることのできなかった「良心」であったのだろう。(7月31日・記)

  
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-07-31 21:27 | Comments(0)
集団的自衛権閣議決定の暴挙
      
      土筆塾で学んだ子どもたちは今何を考えているだろうか?

 7月1日、「歴史的暴挙」の日になった。集団的自衛権行使容認の閣議決定が自・公両党によって強行された。私が目にした朝日新聞、東京新聞なども紙面を大きくさいてこの暴挙を批判した。当然のことだ。43ある地方紙のうち40紙が反対、または批判する社説・論説を掲げた。賛成したのは、全国紙では読売、産経、日経 の3紙。地方紙では福島民友新聞、富山新聞、北国新聞だったという。
 この暴挙を許さない「官邸前行動」は6月30日、7月1日の二日間で10万人規模だったと報道された。
 7月3日、朝日新聞朝刊を見て嬉しくなった。「7・1官邸前 主権者が動き始める」という社説だ。少し引用させていただく。
 「戦争反対 生きたい」。黒いペンで手書きした段ボールをもった男子高校生。「憲法を壊すな」。体をくの字の折って、おなかから声を出す女子中学生のグループ。プラカードを掲げる若い女性の爪は、ネオピンクに白の水玉。赤いハチマキ、組織旗をもった集団の脇で、父親に抱っこされた幼児はぐったりとして。年配の参加者は、もはや立錐の余地もない前方を避け、下流の壁沿いに静かに腰を下ろす。作業服、ネクタイ、金髪、白髪、リュックサック、高級ブランドバッグ。地下鉄の出入り口からどんどん人が吐き出されてくる」・・・・「若い世代が目だつ。『国民をなめんな』『戦争させんな』を速いリズムにのせて年長者を引っ張っているのは大学生のグループデモに参加するのは初めて、ツイッターで知った一人で来たという人も少なくない」・・・
 そして社説はこう結んでいる。「安倍首相はこの国の民主主義を踏みつけにした。しかし、踏まれたら痛いということを主権者は知った。足をどけろと声を上げ始めている。」と。
 私が嬉しいのは「若い世代が目立つ」ということ。そして私は考えた。土筆塾の卒業生たちは、今、どう考えているのだろうかと。、かつて、塾生たちは、政治に対しても強い関心を持ち、発言もしていた。例えばこんなふうに。

  イラク戦争反対(中3)

 今、イラク問題が世界の話題の中心になっている。アメリカ側は、テロとの戦いだと主張しているが、多くの人々が、石油が目的だといい議論を巻き起こしている。アメリカの中でも、一般市民から戦争反対の声が上がり始めた。
 ぼくたちが受験勉強している間に、世界各地で反対運動が盛り上がり始めた。反対する声はかなり大きくなった。攻撃を仕掛けようとする、米英、それに賛成するのは数少ない国だ。
 これで戦争はしなくなるだろう、と思っていたが実際は違った。米英は全く考えを改めず、いまだに武力攻撃をする構えだ。世界の人々が、世界の多くの国々が反対しているのに、それらは全く無視だ。イラクも戦争することは望んでいない。望んでいるのは、たったの数十カ国。それらの国の中でも多くの一般市民は反対の意思を示している。こんなにも反対の声が上がっているのに、なぜ戦争をやめさせることができないのだろうか?
 反対運動やデモの力は、そんなに弱いのか。
 反対運動が無意味だとは思わない。戦争が起こるのを食い止め遅らせているのは反対運動によるものだ。
 しかし、そうすることはできても、米英の意思を変えるまでには至らない。結局はブッシュとブレア両首脳を中心とする政治家たちによって米国も英国も動かされてしまっている。
 ブッシュ大統領の行動はあまりにも身勝手だ。アメリカ国民の意思を無視し、大統領という地位を利用し、自分の考えだけで国を動かそうとしている。英国のブレア首相も同様だ。これが民主主義の国だろうか、どこが国民主権なのか。なぜ、このような国が世界で最も強い力を持っているのだろうか。
 この前、米英が新たな動きに出た。「フセインを取るか、われわれを取るか、どっちだ?」と迫った。自国の強大な軍事力、権力を利用し、国を挙げての脅しにかかった。これが米英の国を代表する人達による行動だと考えるとあきれてしまう。子どもにあきれられる大人も大したもんだ。
 このまま事態が進めば、必ずと言っていいほど、戦争は起こってしまうだろう。大三次世界大戦にまで発展するかもしれない。そうしたら、悲しいことに、日本は米英の味方をすることになるのだ。
 太平洋戦争以後も、朝鮮戦争やベトナム戦争があった。まだ戦争の時代は終わっていない。現代でも戦争の時代の終わりは見えない。いつになったら終わるのだろうか。
 しかし、ただぼんやり思うのではなく、戦争時代を終わらせるために、自分たちで行動を起こすことが大切だ。そうして本当の民主主義を作り上げなければならない、と思う。

 この子たちは今、どうしているだろうか。願わくば当時の考えを持ち続け、自らの生き方を見つめ続けてほしいと思う。

 土筆通信1276号から、再度拙い詩を掲載させていただく。

すべての「良心」よ、今声を上げるとき

労働者も 農民も、商人も学生も、
学者も文化人も宗教者も
そして自衛隊員までも
老いも若きも
男も女も
すべての日本の「良心」よ
今、声を上げるとき
街頭に出てもよい
大声で叫んでもいい
ビラを貼り、署名をし、インターネットで発信する、どんな方法でもいい
小さい声でつぶやくだけでもいい
それすらためらう人は心の中でそっとつぶやくだけでいい
いずれ大声をあげて立ち向かう日のための準備でいい。

     (土筆通信1281号の一部)
 
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-07-17 13:41 | Comments(0)
公明党の得意技

             得意技は「妥協」または「腰砕け」

 集団的自衛権行使を閣議決定する自・公の合意がほぼ決まった様な報道だ。この閣議決定をふまえ、関連の法律が改正されれば、武力で他国を助け、海外での戦争に参加することが可能になる。要はアメリカとともに、海外で戦争に参加するということ。安倍政権が強引にこの道に突き進んでいることは最初からわかっていたが、安倍政権の与党ということで政権の一翼を担っている公明党が「歯止め」になってくれるのではないかと淡い期待を抱いた人も多いだろう。マスコミ報道もそうだった。だが、自民党の示す案、本質にかかわることはそっちのけで字句修正のみにこだわって、「抵抗」のポーズをとり続けたが、結局は政権与党のうまみにしがみついて妥協ということになりそうだ。腰砕けということだろう。このような態度は今回だけではない。公明党の「特技」とも言える。しかし、今回の妥協は、これで収まりそうもない。私は1278号の通信で「あたかも歯止めになるかのようなポーズをとっても与党の座を手放したくない、結果はずるずると妥協する。そうした態度を取るなら、いずれ支持母体の中からも批判の声はわき起こるだろう」と書いた。新聞報道によると、それが現実になってきているようだ。
 国民の声、大きな反対のうねりこそが、暴走を食い止める力だ。(土筆通信1280号の一部)
 
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-07-01 08:26 | Comments(3)