土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
かいこ学習
               かいこ学習
                                         3年 S・Y

 今日学校でかいこ学習があった。前からずっとかっていたかいこも今日でおわかれだと思うと悲しくなってくる。
 最初にやったのは、糸くりといってまゆの糸を紙にまく作業だった。なんと、一万三千回もまくとまゆの糸がなくなるらしい。でもそんなにまけなかった。
 次の三時間目はシルクスルーと言ってとても楽しかった。まず、ペアを作ってまゆを水の中に入れる。やわらかくなったまゆをペアでタテヨコとのばしてゆき、がくの紙にのせる。その作業をもう一回し、作っておいた押し花をかざる。そしてのばす作業をまたやって、その上に紙をのせれば完成だ。完成したシルクスルーはとてもきれいだった。
 最後の四時間目はずりだしという作業でかんたんそうに思えた。なぜなら、さなぎがとってあってかんそうしたまゆをのばす、それを、ももで同じ方向へ押してゆく、ただそれをくり返すだけの作業だからだ。でもい外とむずしかった。糸が切れたり、糸がこんがらかったりするからだ。でも一おうできた。最初は下手だったがだんだんコツがつかめてきた。
 じゅぎょうが終わって、ボランティアの人たちにおれいをいって、かいこ学習は終わった。
 かいこはぼくたちに命をくれて、いろんなことを教えてくれたのをかんしゃした。

             「かいこ学習」の季節

 毎年かいこの季節になると思い出す。現在中学一年生になっている子どもたちが小学3年生の頃、子どもたちもかいこ学習のことや、家でかいこを飼育したことを作文に書いてくれた。かいこボランティアをしているお母さんたちからの投稿もいただいて、土筆通信に掲載したこともあった。私も、子どもの頃家で飼育していたかいこの想い出を書いたこともあった。また、もう、26年近くなるが、かいこと子どもたちに触れた文章も、拙著『学び創り遊ぶ』から再録して、通信に掲載したこともあった。今年も子どもたちが作文に書いてくれた。親からの投稿もあるといいのだが、と思いながら、土筆塾を開いて、最初にかいこに触れて書いた文章を、やはり『学び創り遊ぶ』から再録させていただくことにする。すでに読んでいる方には申し訳ないがお付き合い願いたい。
 
 
             先生桑の葉ある?


 三年生の授業をやっていると、自宅の方の玄関のチャイムが鳴った。授業に集中している時はチャイムが鳴っても出ないことにしているのだが、その時はちょうどきりがよかったので玄関に出た。ドアを開けると四年生のKちゃんが立っていた。手にカイコ(蚕)の入った箱を持っている。
「どうした?」
「先生、桑の葉ある?」
「えっ?」
と私は一瞬びっくりしたが、すぐ事情が呑み込めた。
「今、家にはないよ。授業が終わったら、後で摘んできて届けてやるよ」
「うん!」
Kちゃんは声を弾ませて答えると走って帰って行った。
 その日、小学生の授業は五時四十分に終わった。六時からは中学生の授業だ。本当は小学生の授業は五時半に終わるのだがこの日はちょっと長びいた。桑の葉は、自転車で五分もかからないところにあることは、日ごろ近辺をくまなくあるいているからよく知っている。桑の葉を摘んで、今度はKちゃんの家へ直行する。玄関へ出てきたKちゃんは、「ありがとう」とニッコリする。その顔が輝いている。お母さんが玄関に出てこられたが、話している暇はない。あいさつもそこそこにまた大急ぎで塾へ戻る。六時五分前。
 わたしの居住している校区の清瀬第十小学校では、毎年四年生がカイコを飼う。それぞれのクラスで飼うのだが、土曜日から日曜日にかけて、また、学校が休みになる前には、それぞれカイコを家に持ち帰る。去年も近所の子どもに桑の葉のある場所を尋ねられた。
 こうしたことがあるたびに、私は“地域で塾をやっているっていいなぁ”と思う。これが駅前かどこかの貸しビルで、時間から時間までしか付き合えないとしたら、何とつまらないことだろう。
 教育は単なる知識の伝達ではない。子どもの生活の様々な面でかかわりを持ちながら、人間と人間のふれあいやその中で作りだされる信頼関係を土台に、子どもの内面に働きかけながら「人間としての豊かさ」を作り出すこと、それが欠くことのできない教育の中身なのだとわたしは思っているが、そのためにこそ、地域に根を下ろすことが大切なのだと思う。Kちゃんではないが何時でも子どもたちが学校の帰りや遊びのついでに「先生!」と立ち寄れるような関係が必要なのだ。(拙著・「学び創り遊ぶ」毎日新聞社刊より)
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-06-30 09:41 | Comments(0)
腹立たしいこと
            腹立たしい事が多すぎる

  毎朝、新聞記事を見るのがつらい。あまりにも腹立たしいことが多すぎるからだ。私は塾を始める前までは国会に勤務していたし、教師を辞めてからはずっと政治にかかわって生きてきたから、政治の動きにはかなり敏感な方だ。だから最近の政治状況には『怒り心頭』ということになる。と言って一つ一つ取り上げてコメントするわけにもいかない。
 一つ二つ書き留めておきたい。私が国会にいた時も品位のない議場でのヤジはつきものだったが、今回の東京都議会でのヤジは許せない。ある若いの女性議員が「女性が一人で妊娠、出産、育児で悩んでいる」と問題提起した質問の際、「早く結婚した方がいいんじゃないか」とか「産めないのか」というヤジが飛んだというのだ。全国で非難ゴーゴー、国際的非難まで浴びせられる中で、初めは否定していたある自民党の議員が一人名乗り出て、記者会見をしたが、その言い分にあきれた。「早く結婚していただきたいという思いがあり、あのような発言になった。したくても結婚できない方への配慮が足りず、深く反省している」。そして「産めないのか」のヤジは確認していない。「…そのような発言をしたか記憶にない」というわけだ。
 いいわけはしない方がいい。「潔く議員を辞職するべきだ」という声も高まっている。議長は「産めないのか」という、問題のヤジは特定できない調査するつもりもないという取り上げないようだが、これで幕引きというのは許せない。 
 もう10年近く前になるだろうか。「集団レイプする人は元気があるからいい」と発言した国会議員がいた。また、「女性は産む機械」と発言して非難を浴びた「偉い」国会議員もいた。いずれも自民党の議員だったと記憶する。人権感覚などさらさらない、女性蔑視・女性差別発言、今回の都議会のヤジも同質だ。こんな議員を居座らせていることを恥と思わなければならない。

 話は違うが、これも腹立たしい一つ。先の参議院決算委員会で共産党の井上哲士議員が取り上げ追及していたが、大企業の法人税負担の問題。表のように 極めて低い。

 表省略

 トヨタ自動車に至っては2008年度から5年間「年間法人税」(国税)はゼロという。私は税のことは全くの素人だから、その仕組みを解説することはできないが、庶民は消費税8%になり、さらに10%に引き上げられようとしている中で、どう考えても納得できない。しかも今度はその大企業の法人税をさらに引き下げるという。  大企業がため込んだ『内部留保』(儲け)は290兆にもなるという。「日本経済の好循環を作る」「企業が投資を増やすため」「国際競争力をつけるため」などという「アベノミクス」の骨太方針の一つだ。
 この「骨太方針」大企業は大歓迎だ。だから今度は企業献金も復活・強化する方向を検討中という。先に「年間法人税ゼロ」と書いたトヨタは、自民党に10年から3年間だけでも1億5420万円の献金をしている。企業献金の復活は、ますます『金の力』で政治を左右するということになるだろう。
 「集団的自衛権の行使」を閣議で決定する問題については、何回か土筆通信で書いたから今回は触れない。
 とにかく腹立たしいことは限りがない。     (土筆通信1279号の一部)
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-06-25 21:14 | Comments(0)
集団的自衛権行使をめぐって
閣議決定で「集団的自衛権行使」をきめてよいのか!

 怒りの声が全国に広がっている。6・17東京日比谷音楽堂には5000人を超える人達が集結、「戦争反対」「9条壊すな」の声をあげた。大阪でも、名古屋でも、京都でも、横浜でも福井でも、それこそ全国津々浦々、老いも若きもさまざまな形で声を上げ始めた。全国52のすべての単位弁護士会も「解釈による集団的自衛権行使容認に反対する」声明や意見書を発表した。さまざまな職種、さまざまな階層、大きい集会・デモから小さい集会、宣伝活動、勉強会、怒りの声は全国に広がっている。6・17日比谷音楽堂の大集会では元陸上自衛隊レンジャー隊員が「国民をないがしろにして日本を戦争する国に変えるわけにはいかない」と発言したという。
 私は土筆通信1276号に「すべての『良心』よ/今声を上げるとき」と書き「労働者も農民も商人も、学生も/学者も文化人も宗教者も/そして自衛隊員までも/老いも若きも/男も女も/すべての日本の「良心」よ/今こえをあげるとき…」と書いた。
 「閣議決定案」が提示された。やれ自衛権行使の範囲がどうの、歯止めがどうのと、自民党、公明党のあいだで密室協議が繰り返されているが、「集団的自衛権の行使」そのものが問題なのだ。いったん決められてしまえば、権力者の判断でどうにでも動く、それが歴史的教訓だ。あたかも歯止めになるかのようなポーズをとっても、与党の座を手放したくない。結果はずるずると妥協する。そうした態度を取るなら、いずれ支持母体の中からも批判の声はわき起こるだろう。
 憲法9条のどこをとっても集団的自衛権行使を認めるなどということはありえないこと。それは歴代自民党政権下でさえ認めて来なかった。安倍内閣の常軌を逸した大暴走だ。今、「集団的自衛権の行使」について詳しく書くつもりはない。端的にいえば「戦争する国」への大転換、殺し、殺される道への大転換ということ。若者や子どもたちの未来を危険にさらす道ということ以外の何物でもない。
 安倍政権の大暴走を食い止める力は、政権与党の「密室協議」の中にはない。全国に広がる民の声こそが力だ。
 今、声を上げるとき/街頭に出てもよい/大声で叫んでもいい/ビラを貼り、署名をし/インターネットで発信する/どんな方法でもいい/小さい声でつぶやくだけでもいい/
 それすらためらう人は心の中でそっとつぶやくだけでいい/いずれ大声をあげてたち向かう日のための準備でいい。

 戦争する国反対!殺すことも殺されることもごめんだ!憲法9条守れ!
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-06-18 21:11 | Comments(0)
親子で共感できる体験を
 楽しい標本作り
                     3年 s.y

 ぼくは一年生のころからお父さんと一緒に標本作りを始めた。
 まず、つかまえた虫をかっていて、しんでしまったらかんそうさせる。かんそうさせた虫は体がカチッカチッに固まる。だから、熱いおゆにひたしてやわらかくする。やわらかくした虫の足や触角を整えて、ケースや箱の中に置く。そして体の中心あたりに虫ピンをさす。
 ぼくは、虫の近くに「この虫はOOOO」や、いつつかまえたか、どこでつかまえたか、などを書いた名札を置く。後、かんそう剤や小さな虫がつかないように、虫よけ剤を置く。これでぼくの標本が完成する。
 ぼくは将来、外国にいる珍しい虫を標本にしたい。
 標本作りは楽しいから、またお父さんと標本を作りたいと思う。

  子育てには、忙しい中にも子どもと共感し合う手間ひまが必要だ。

もう20年以上前になる。「私は親子で共感できる体験を」という文章を書いた。(『心を育み心をつむぐ』)y君の作文を読みながら、その文章を思い出した。

 親子で共感できる体験を

二週間ほど前になる。五年生のFちゃんがお父さんといっしょに立ち寄ってくれた。日曜日だった。親子で散歩だという。「米軍通信所周辺の原っぱでバッタを捕まえながら平林寺まで行こうかと思って」という。私も途中まで同行させてもらった。親子のせっかくの交流を妨げないように、少し離れたところから親子を見守ることにした。二人は原っぱでバッタを求めて歩きまわっている。
(ああ、いいな、いい風景だ)と私は思った。
親子が共同体験をもちながら、喜びや残念さを共感し合うことは、子どもの成長にとってとても大切なことだ。私たちは、金や物や便利さにとりまかれて生活していることから、子育てまでそれらを子どもに与えることで済まそうとする。多額の金を持たせ、次々と高価な遊具を買い与える。旅行に行く、遊園地に行く、デパートやレストランに連れていく…。もちろんそれは一つの大事な体験ではある。時にはそうしたことも必要だ。だが、子育てを、金や物や便利さを与えるだけで済まそうとする傾向はないだろうか。金や物や便利さ「与えられるもの」だけで肩代わりさせているようなことはないだろうか。
Fちゃん親子のように、散歩に出てバッタを追いかけまわすような身近な体験の中で、共感し合うような「手づくり」の子育てこそが今、大切なのではないだろうか。子育てには、忙しい中にもそうした手間ひまが必要なのだと私は思っている。(『心を育み心をつむぐ』より再録)
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-06-14 10:23 | Comments(0)