土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
不透明な金
 見え透いた嘘は見苦しい

 みんなの党の渡辺喜美代表が、DHCの吉田嘉明会長から、8億円を借りたという不透明な金が、マスコミで大きく報道された。朝日新聞の取材に応じたDHC会長の発言は次の通りらしい。「2010年参院選前に3億円、12年衆院選前に5億円を私の個人口座から渡辺さんの個人口座に振り込んだ。」「選挙資金意外に3億円を貸したりしますか。普通お金を貸し借りするのは多くても1千万円とかじゃないですか。明らかに選挙に必要なお金です」「選挙意外に何の話も出ていない。振込先は政治献金とは違う個人の口座だった。」
 これはいずれも渡辺代表からの申し出だったという。そして5億円になった経緯について次のように発言している。「いくらぐらい要るんですか、と聞きました。そしたら、100人当選させるには20億ぐらい要ると。その後、(維新との選挙協力が解消され)5億円で済むことになりました、と伝えてきた。」利息も担保もなし、5億円の時は借用書さえなかったという。
 誰が見ても、これらの金が選挙資金であることは疑いない。ところが渡辺代表は「純粋に個人として借りたものです」と再三にわたり釈明している。こんな見え透いた嘘は言わない方がいい。東京都知事選を前に、医療法人「徳州会」から5000万円を借りた猪瀬前都知事が、同様に「個人として借りたもの」とうそぶき、その後の調べで起訴されたことはまだ記憶に新しい。渡辺代表も「個人で借りたもの」などとウソでいい逃れようするだろうが見苦しい。
 みんなの党が安倍政権の補完勢力であることは、だれもが認めるところ。野党などというものでさえなくなっていることは「特定秘密保護法案」の衆院採決で賛成した一事を見ただけでも明らかだ。
 自民党はもとより、野党とはいえすっかり安倍政権の補完勢力になりさがった政党に、金はつきものだ。最近も3月20日付けで新聞報道された田村厚労相の「怪しい金」問題もその一つだ。医療・介護など社会保障切り捨てを進める田村厚労相が、所管する医師、歯科医師、薬剤師、美容師などの関係団体の政治団体から2000万円を超す政治献金を受け取っている。また他にも「労働者派遣法」改正に絡んで、日本生産技能労務協会などで発足した政治団体からも50万円の献金を受けている。さらに、田村氏の親族が役員を務めるファミリー企業からの献金も含めると、不透明な政治献金は5000万円を超える、多額だ。
 企業団体からの政治献金と政党助成金、彼らを支える資金はそこにあると言っても言い過ぎではあるまい。
 金で選挙が買われ、金で政治が左右される。繰り返されてきた「政治と金」の構図だ。
 こんな政党、こんな議員たちに日本の政治を任せるようでは子どもたちの未来は暗い。
 腹立たしいことがあまりにも多い現実。間もなく消費税は8%になる。続いて今度は10%だ。日本人はもっと怒っていい。何とおとなしいことか!
(3月27日)
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-03-28 07:34 | Comments(0)
原発再稼働は許せない
   原発再稼働は許せない

 土筆通信、前号(1266号)で、私は「自民党のエネルギー基本計画案」は、原発を「重要なベースロード電源」とし、原子力村、財界の要望にこたえ再稼働に向けて必死だ」と書いた。
 原発再稼働の優先順位と称してあげられたのが、鹿児島県川内原発。原子力規制委員会が再稼働に向けた審査を優先的に進めると決め、電気事業連合会の八木会長(関西電力社長)が「審査の前進は大変意義がある」と歓迎していることが新聞報道された。そして他の原発の審査加速を求める一方、原子力業界として支援を続ける考えを示したと報道されている。安倍政権、電力業界が一体となって、原発再稼働に向けて急ピッチだ。
 自民党政権と、原子力村と呼ばれる原子力関連企業との、持ちつ持たれつの関係を、私は土筆通信1216号で書いたが、もう一度振り返ってみたい。

            昨年3月11日以降に国民政治協会に献金した
            主な原発関連企業
 
           日本電機工業会   5000万円
           東芝          1400万円
           パナソニック      1400万円
           日立製作所      1400万円
           きんでん        1000万円
            富士通        1000万円
           三菱重工業      1000万円
            三菱電機        910万円
             大林組        814万円
             鹿島建設       814万円
             清水建設       814万円
             大成建設       814万円
             竹中工務店     814万円
                 IHI       800万円
              関電工       680万円
           三菱商事         600万円
            中電工         412万円
           川崎重工業       250万円

原発マネーがこうした形で渡っている事をどう考えたらよいか?
 福島第一原発の事故原因もまだ解明されておらず、汚染水漏れを含む事態は、依然、深刻だ。核のゴミをどうするのかは見通しさえ立っていない。
 数日前には、愛媛で震度5の地震もおこっている。あちこちで地震の発生は続く。なぜ原発再稼働を急ぐのか。いや、なぜ原発をエネルギーのベースロード電源にしなければならないのか。なぜ、原子力村と一体になって、新たな「安全神話」を振りまきながら再稼働に突き進むのか。
 福島では7つの小中学校が閉校、または休校になったという報道もあった。子どもたちの未来を奪ってはならない。原発を推進する政権、政党に未来をゆだねてはならない。地震国家に原発はいらない、人類は原発と共存できない。未来を見据えた、原発ゼロを目指す運動が大きくなっていくことこそが、原発を放棄させる力だ。
       土筆通信1267号一部 3・16日
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-03-21 10:31 | Comments(0)
3月11日
 3月11日。東日本大震災。テレビも新聞も沢山報道しているから私が書くこともないだろうが、少しだけ触れておく。
 昨年9月23日発行の土筆通信1246号で、私は次のように書いた。

「 福島原発問題は、緊急を要する大問題

 福島原発の汚染水処理はどうだ。安倍首相は福島第一原発を視察して再び「汚染水の影響は完全にブロックされている」旨の発言をした。福島県民は誰ひとりそれを信じてはいない。福島県民だけではない、東電でさえそれを否定している。汚染水漏れは毎日のように新聞の報道になるほどだ。まして「事故は収束した」などと誰が言えよう。
 政府は収束宣言を即刻撤回し、非常事態宣言を発して、御用学者や御用有識者に頼ることのない、科学者、技術者、産業界、などすべての英知と総力を結集した取り組みを緊急に行うべきなのだ。」
 福島原発問題がいかに深刻であるかは繰り返すまでもない。にもかかわらず自民党のエネルギー基本計画案は原発を「重要なベースロード電源」とし、原子力村、財界の要望にこたえ再稼働に向けて突き進んでいる。
 3月9日、日比谷野外音楽堂、霞が関、国会議事堂周辺は「原発ゼロ」を訴える人の波で埋まった。その数3万2000人(主催者発表)という。この集会に呼応して全国各地で一斉行動が行われたようだ。大阪で7000人、福岡1000人、長野県内9ヵ所で2500人、静岡葵区で「3・9原発ゼロデー 静岡」でも600人が「浜岡原発再稼働許すな!福島を忘れない!すべての原発を廃炉に!」とパレードが行われたようだ。全国で繰り広げられた大小さまざまな集会は書きつくせない。被災地各地の復興も含めて、市民運動のうねりを巻き起こしていかなければならない。それこそが原発再稼働を許さず、原発ゼロを切り開く道なのだと思う。原発は未来の子どもたちの命と日本の未来の安全にかかわること。未来を見据えた視点が今強く求められている。
 地震国日本に原発はいらない!原発は人類と共存できないのだ!
                                           (土筆通信1266号の一部)
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-03-12 11:18 | Comments(0)
呆れた自民党党員集め
          あきれたね、
              自民党の党員獲得目標

 2月19日の朝日新聞を見て驚いた。「党員獲得 一人不足で罰金2000円」という見出しの小さな記事だ。党員獲得ノルマを達成できなかった議員に対する罰則など、自民党の原案が分かったのだそうだ。一人当たり2000円「貢献金」として党に納めさせるということらしい。衆議院議員一人当たりのノルマは比例区で1000人、参議院議員は1000人から5000人。ノルマ未達成の議員に対して一人当たり2000円の罰則がつくのだそうだ。衆院選挙区は別に4000人目標も設定されているという。1000人以上4000人未満の場合は都道府県連判断で400円から2000円までの幅でペナルティを求めるらしい。
 同じく朝日新聞3月7日の記事では、石破幹事長が党員獲得ノルマ達成のための、各議員の演説の仕方を指導したという記事もあった。「憲法改正」や「集団的自衛権」など自民党安倍政権の主張を、「スパルタ教育」しているのだという。若手議員の中には「党員獲得はハードルが高いが金もない」とこぼす者もいるらしい。
 全くあきれた「党員獲得」だ。政党の党員というのは、その政党の綱領、政策方針に賛同した者たちが、自らの意思と信念に基づいて党に加入するのではないのか。自民党という政党は、利害関係のある企業や団体の人間を、かき集めて成り立つ傾向が極めて強い党であることは、私も承知していたが、「罰則」まで課して党員を集めるとは、あいた口がふさがらない。場合によっては金を与えて、名前だけ登録してもらうと言ったことまで起こるのではないか。(確かそんな話を聞いたこともある)
 企業や団体から献金を受け、企業や団体のために働く。繰り返される「政治と金」の腐りきった関係は、こうしたところから生まれてくるのではないだろうか。
 こんな連中が政権をにぎり「国民のために全身全霊を傾けて働く」などとよくも言えたものだ!

 気になった小さな記事、一言書きとめておく。
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-03-10 21:55 | Comments(0)
アンネの日記
              『アンネの日記』破られる!

 ナチスドイツのユダヤ人迫害をのがれて隠れ住んだ少女、アンネ・フランクによって書きつづられた『アンネの日記』やその関連の書籍が、都内や横浜など各地の図書館で、相次いで破られるという事件が新聞報道された。被害に遭った書籍は『アンネの日記』『アンネ・フランク』『アンネの童話』など18種類に上るらしい。被害に遭った図書館と冊数は次のようになるという。
*新宿区…3図書館、40冊。
*中野区…5図書館、54冊。
*杉並区…11図書館、119冊。
*豊島区…3図書館、12冊。
*練馬区…9図書館、41冊。
*東久留米市…2図書館、13冊。
*西東京市…3図書館、10冊。そしてさらに、横浜の2図書館で被害が見つかったと報道された。
 たとえば東久留米市立図書館の場合、5センチの厚みのあるアンネ研究本が100ページ以上破られるという悪質さだ。
 図書館協会は「…図書館の蔵書は…人類共有の知的・文化的財産である。公立図書館は、そのような人類共有の知的・文化的財産を市民が共有し、広く市民の読書に提供し、次世代に伝えていくことを任務としている。どのような理由があれ、このような基調な図書館の蔵書を破損させることは、市民の読書活動を阻害するものであり極めて遺憾なことである…」と声明を発表している。警察も捜査を始めたらしい。
 
 事件は違うが、これも最近、東京都美術館が、彫刻作家展に出品されていたある作品の撤去を求め、作品の一部を削除させたという新聞報道があった。削除された部分には「憲法九条を守り、靖国神社参拝の愚を認め、現政権の右傾化を阻止して、もっと知的な思慮深い政治を」と書かれていたという。芸術家が自らの良心にもとづいて作品を発表することは当たり前のこと。憲法に保障された表現の自由だ。それを「政治活動に当たる恐れがある」ということで撤去を求め一部を削除させたというのだ。公的美術館が作家の表現内容にまで介入するなど、自由な表現活動の宝庫であるべき美術館の役割に逆行することは許されない。


私は先に、漫画『はだしのゲン』の子どもたちへの閲覧を排除しようとした一連の動きについて書いたが、これらの動きが何か根っこでつながっているように思えるのだ。つながりがあるかどうかは分からないが、背景に、安倍政権の急速な右傾化があり、それに励まされるように「右傾化を求める潮流」が勢いずいてきている。そんな感じがしてならない。
 一つ一つの情報に神経をとがらせていきたい。(2月27日)土筆通信1265号の一部
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-03-03 21:06 | Comments(0)