土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
特定秘密保護法
秘密保護法案審議始まる

 11月9日『朝日川柳』にこんな川柳が載っている。
*法律で無法国家をつくります
*やはり政府を守る保護法
 政府が「秘密」を指定し、国民の、目、耳、口を奪って暗黒政治に逆戻りする、しかも何が秘密かさえも「秘密」にする希代の悪法に、さまざまな分野から反対、廃案を要求する声が上がっている。新聞も声を上げ始めた。11月8日朝日新聞は「社会に不安 廃案にせよ」という論説主幹大野博人氏の論評を一面に掲げている。同日の社説でも「市民の自由をむしばむ」と法案の取り下げを要求している。こうした扱いは珍しい。それだけ法案の危険性を察知していると言っていい。私は読んでいないが、毎日新聞や東京新聞も危険性を指摘、廃案を求めているらしい。地方新聞も「信濃毎日」「東奥日報」「福島民友」「奈良新聞」などなど情報統制の危険性に警告を発しているようだ。国会前デモや各地でのデモ・署名活動も展開されている。
 国家安全保障会議(NSC)設置と一体のものとして戦前に逆戻りする危険を、多くの学者、専門家が指摘し、反対の声を大きく上げ始めている。ある新聞で軍事評論家・沖縄大学客員教授前田哲男さんの談話を読んだ。少し長いが転載させていただく。
 「今回作る安全保障会議は、一種の〝戦時内閣〟です。かつて自民党政権は重要な政策の決定の際にはそれなりの根回しを重ねたものでした。そんなやり方を破ったのが小泉内閣です。イラク戦争でも米国を支持し、自衛隊の協力を強引に進めました。
 今回の法案はそれを制度化するようなものです。4大臣(*首相、官房長、外務、防衛)会合の決定が内閣の意思となってしまいます。安倍政権は集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈の変更を進めています。日本版NSCは米軍とともに戦う海外の戦争に自衛隊を投入する。その首相の決断を迅速に行う仕組みなのです。その共同作戦の際に米国が機密情報を日本のNSCにわたしてくれることを安倍政権は期待しているのでしょう。その機密を保護するために狙われているのが、機密保護法案です。(中略)日本は憲法で「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意」(前文)した国です。その国で、戦争を前提にし、戦争を的確に遂行するための機構=戦時内閣を作る。これが最大の問題点だと思います。」(しんぶん赤旗日曜版)

 秘密保護法案は政府が「秘密」を指定する、その何が秘密かも秘密というのだから情報をいかようにも操作できる。そこが危険なのだ。
 私は先の土筆通信で米大和田通信基地のアンテナが強化されていることを書いた。そして「これなどは秘密保護法に触れることになるかもしれない。笑い話のようだが、秘密保護法案の中身はそういう危険性をはらんでいる」と付け加えた。法案の中身が細かく明らかになるにつれて、「これは笑い話ではないぞ、日米同盟を掲げる安倍政権にとっては米通信基地のことに触れることは秘密に当たると指定されかねない。私が刑罰に問われるのもありうることだ。ある日私が突然逮捕される。何の理由かもわからないまま刑罰が科せられる、ということもあるかもしれない。」と思い始めた。大和田通信基地のアンテナなどはそこを通れば誰でも目にすることができる。こんなことさえ「秘密」になりかねない。まさに戦前に逆戻りだ。朝日川柳ではないが『法律で無法国家を作ります』だ。こんなことをさせてはならない。
 そこで私も下手な川柳一つ。
*声上げよう暗黒政治許さじと
                       (土筆通信1251号の一部)
[PR]
by tsukushi--juku | 2013-11-18 21:47 | Comments(0)
私と山野草
 私と山野草

こんな山の中に家はあるの?
 初めて妻を連れて実家に帰った時、妻はそういった。伊豆の下田、その隣の稲生沢村。村でも蓮台寺は温泉でよく知られる。その蓮台寺から徒歩で約一時間。今でこそ舗装されて、車が1台通れるほどの道はあるが、私が18歳で家を離れるころまでは、舗装もされていない砂利道であった。途中、人家はなく、曲がりくねった道が這うように山あいを登って、ほぼ頂上に近いわずかな空間に、へばりつくように人家が点在した。36件の集落。それが私の故郷であった。集落の中でも私の実家は上から三軒目。一歩踏み出し山間を五分も登ると、もう峠であった。
 こんな集落であったから、どの家も極めて貧しかった。山間にへばりつくように、棚田というには余りにも貧弱な田んぼが散在し、畑も同様であった。唯一、山間に開けた盆地のようなところがあって何軒かの農家が、何枚かの畑を所有していた。「おおひらど」という地名が付いていて私の家もその真ん中あたりに何枚かの畑を持っていた。子どものころは、そこは麦畑だった記憶がある。いずれにしても田畑は少なかったから自分の家で食べるだけが精一杯で、現金収入は他に頼らなければならなかった。炭を焼き、薪を切り、みかんを作り、乳牛(一頭)を飼い、私がまだ小さかった戦前は蚕も飼育していた。とにかく現金収入になることは何でもやっていたといっていい。
 子どもは小さいころから労働力の一員だった。はじめはお手伝い程度だったが小学校高学年にもなると、立派な労働力の一翼を担っていた。子どもの頃は田んぼにも畑にも、炭焼き小屋にも、両親と共によく出かけた。田んぼも畑も山もすべてが生活の場であった。
そんな環境の中で育ったから、ヤマグリも、シイノミも、アケビも、サクランボ(ヤマザクラ)もキイチゴも、食べられる木の実、草の実は、殆ど手にし、口にした。山野草を採集し、育てるという習慣はなかったが、今では見ることもなくなったササユリやヤマユリ、ナデシコ、リンドウ、キキョウ、ホタルブクロ、ノギクなどはいたるところで見られたし、今では希少なニホンクマガイソウなどもよく山裾で見かけた。サイハイランなどは「ハックリ」と呼んでその球根を食したりもした。

 さて今の故郷だが、蓮台寺につながる集落の入り口には何軒も住宅が建ち、途中にも新しい人家が増えたが、頂上に近い集落の中心は、かなり減ってはいるがそれでも二十数軒が、子どものいない年寄りばかりの集落としてさびしいたたずまいを残している。山も田んぼも荒れ果て、イノシシ、サル、最近はシカまでが出没する「限界集落」となり、ミカンを生業として細々と暮らしを立てているのだ。
 だがどんなに変わり果てようと、私にはかけがえのない故郷、愛着のある故郷だ。私は、実家に帰るたびに、山の中を歩き回る。今は見る影もない田んぼの跡、炭焼き小屋のあった所。春休みの頃の帰省が多いから、山菜を摘みながらということが多いが、正月帰った時などはシイノミも拾う。
山野草はホタルブクロを除いて殆ど見ることもできなくなった。それでも、もう一〇年ほども前になるだろうか、クマガイソウとエビネに出会った時は感激だった。また、意識して山野草を探し回って、キンラン、ササハギンラン、サイハイラン、コクランなども見つけた。人も踏み込まない山の中に生き続けていた山野草。そのままにしていたら誰の目にもとまらず、荒れ果てた山の中や山裾で姿を消していくだろう。
 あまりの愛おしさに、私はクマガイソウとキエビネ、ジエビネ、キンランの数株を持ち帰った。だが、キエビネとジエビネ以外は育たなかった。手入れもせず鉢植えにしたまま放っておいたからだろうが、それでもエビネた ちは健在で、毎年我が家の軒下を飾ってくれる。クマガイソウは我が家では育たなかったが、伊豆大島の山荘の敷地の隅に植えておいた何株かは、今では三〇株近くに増えて、毎年ふっくらとした花を咲かせてくれる。
 去年だったか今年だったか、新聞で「希少な山野草」としてニホンクマガイソウの写真と記事を見つけた。「ニホンクマガイソウは栽培が難しいラン科の植物で、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種Ⅱ類に指定されている」とあった。
 大島は生育に適しているのだろうか。私のクマガイソウもエビネとともに沢山増やしてみたい。
 私は、花はどの花と言わず好きだが、とりわけ山野草は、少年時代の思い出とともに何とも愛おしい。(10月13日)
[PR]
by tsukushi--juku | 2013-11-06 09:55 | Comments(0)
ベルトコンベアにのつて
  悪法、悪政が
ベルトコンベアで運ばれる

 安倍政権の悪政・悪法がベルトコンベアで次々と運ばれる。政局は今、そんな状況だ。まるで流れ作業だ。追いかけるのが大変で、ちょっと油断していると見落としたり、忘れそうになったりする。原発関連の動き、消費税関連の動き、TPP関連の動き、ブラック企業関連のニュース、憲法や集団的自衛権を巡る問題などなど・・・・・。
 そして最近は、最たる悪法「NEC法案」(国家安全保障会議設置法案)、「特定秘密保護法案」を何が何でも押し通そうとする動き。詳しいことは新聞各紙の報道に任せるが「秘密保護法案」などはとんでもない代物。政府が「秘密の範囲」を勝手に決め、違反者には重い刑罰。まさに国民の目、耳、口をふさぎ、マスコミの取材・報道、政党の調査活動、国会議員の活動にさえ制限を加える、憲法に保障された「知る権利」を奪う悪法。「NEC法案」はアメリカのNEC(国家安全保障会議)に呼応する日本版。首相、官房長、外務、防衛の4大臣掌握する「外交安全保障政策の司令塔」の役割を果たせるようにしようというもの。「秘密保護法案」はこれと一対のものだ。
 あまりにも多くの問題がベルトコンベアで流れているから、一つ一つ追いかけているとよく理解できないままに流されていく。だが、根っこははっきりしている。日米同盟の名のもとにアメリカとともに海外で戦争する国家体制を目指すこと、国民から取りたてた税金(消費税)を大企業に回し(大企業減税)経済の活性化を図って、国民におこぼれを期待させる「アベノミクス」戦略。要するにアメリカべったり、大企業優先の政治ということだ。私はそう思っている。
 ひとつ余談を付け加えておく。土筆通信1249号で、私は米大和田通信基地のアンテナが増強されていることを書いた。これなどは「秘密保護法案」に触れることになるかもしれない。私は罰せられ、刑務所行きということになりかねない。笑い話のようだが、秘密保護法案の中身はそういう危険性をはらんでいる。
 さまざまな悪政・悪法が、選挙で大勝した数を背景に押し通されていくようでは、日本の未来は暗いものになっていく。今、この悪政・悪法に反対するそれぞれの分野での運動が大きく盛り上がっている。この運動の流れこそ未来への希望だ。マスコミはこの流れについてはもっと報道する必要がある。秘密保護法など反対の世論が賛成をはるかに上回って半数を超え、慎重審議の世論は82%を超えると共同通信の調査は報告しているほどだから。国民の声、国民の様々な動きを報道する義務があると言ってもいい。これからのマスコミの報道に注目していきたい。
 
[PR]
by tsukushi--juku | 2013-11-06 09:48 | Comments(0)
大和田通信基地
  米軍大和田通信所のアンテナが増強されている
新座市と清瀬市にまたがる米軍大和田通信所のアンテナが強化されている。
 大和田通信所は私の家から自転車で5・6分の所にある。私が自転車で回る散歩コースだ。散歩というのだから自転車で,というのはおかしいかもしれないが、「散歩」ということで了解いただきたい。施設内、一応フェンスは張られていたが、広大な原っぱだった所に最近5本のアンテナが建った。夏前から、原っぱを横切って基地施設からつながるケーブル埋設のための溝が掘られていたが、その完成とともに大きな鉄塔が建ち、最近アンテナが完成した。アンテナ周辺のフェンスは背丈をはるかに超えるものに変わり、バラ線付きだ。
 米軍大和田通信所は日米安全保障条約に基づく、米軍への提供施設。防衛施設庁防衛局が管理している。大和田通信所は東京横田基地の在日米軍司令部の管轄下第374基地航空団に所属する通信傍受基地。詳しいことは省くが、最重要の施設だ。
 いつの新聞報道であったか切り抜き損なったが、米軍関係の高官が横田基地にオスプレイを配備する計画があるやの発言をし、去る10月13日の新聞に「横田にオスプレイはいらない」という集会が横田基地のある福生市で開かれた旨の報道があった。また10月25日の新聞報道では「来るな!オスプレイ首都に米軍の基地はいらない」という学習交流集会も開かれたようだ。米軍横田基地は、C130輸送機の中継基地から強襲部隊の出撃基地に、また首都圏での低空飛行訓練基地に、さらに航空自衛隊航空総隊司令部が移駐し米軍と自衛隊の一体化が進む基地に変わった。繰り返すが大和田通信所は、横田基地の米軍司令部管轄下の374基地航空団に所属する。その通信傍受基地が増強されることが、横田基地の一連の動きと無関係と言えるだろうか。専門ではないから詳しいことは分からないが、気になることである。
[PR]
by tsukushi--juku | 2013-11-06 09:45 | Comments(0)