土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
卒業式・入学式に触れて
 卒業式・入学式に関連して

3月、全国で卒業式が行われ、4月には入学式行われる。この時季本来はおめでたい喜びの季節だ。だが私は一つだけ憂欝になることがある。今はもうほとんどの学校で日の丸掲揚「君が代」斉唱が当然のことのように行われている。そしてもうそれに慣れっこになって意見を言う人も少なくなっている。
 だが、小学生時代の大半を軍国主義下で過ごした私は、どうしても抵抗を感じてしまうのだ。日の丸も、君が代も、天皇の赤子として国家に忠誠を尽くす儀式と結びついてしか存在しなかった。出征する兵隊を送る時は一斉に日の丸を振り、一切の儀式の中では、直立不動で日の丸を見上げ、君が代を斉唱する、まさに軍国主義の代名詞であった。
 日本はあの戦争によって多大の犠牲を払い、アジア諸国に想像することさえおぞましい犠牲を強いた。そうした犠牲を払って獲得したのが日本国憲法であり、主権が国民であることが高々と宣言された。天皇は「象徴」であっても元首ではない。日本は「主権在民」の民主主義国家なのだ。だからこそ戦後長い間、日の丸を国旗と認めず、君が代を国歌とすることを認めず、もちろん君が代斉唱などはどんな国家行事の中でも、まして学校教育の中で、歌われることはなかったのだ。
 日の丸が国旗として、君が代が国歌として国会の多数によって押し切られてきたのは、日本が「戦争できる国」に向かって、逆コースを歩き始めた事と軌を一つにする。
 私はいま、日の丸・君が代問題を戦後史の中でたどるだけの余裕を持たない。したがって大変な舌足らずになることを承知で、問題提起程度の雑文を書いた。
 最近、大阪橋下市政のもとで、教育への干渉と「思想調査」アンケートをめぐって大変な問題が持ち上がっている。新聞によれば、卒業式で教頭が、先生方が君が代を歌っているかどうか、口の動きを監視し、チェックするという報道だった。まるで笑い話のようなバカげた行為だ、と笑ってすますことはできない。思想調査についても、とても見過ごせることではない。市長が市職員に「特定の政治家の応援」「街頭演説への参加」などを答えさせる。答えないと「処分対象」にするというのだ。
 俳優の愛川欽也さんが次のような発言をしている記事を読んだ。同感だ。「あの太平洋戦争前夜、同じようなことがあった。監視され、『どんな本を読んでいるか』答えさせられた。わずか60から70年前の話です。政府は命令に従うよう国民を一色にしなきゃなんない。これは結局、思想統一なんです。統一する方は、一色にならないやつを連行して、たたきなおして一色になったら監獄から出してやった。私たちはそんなことがない時代を、戦争という大きな犠牲を払ってとりあえず持ったはずです。犠牲の上で、今の憲法があり、思想・良心の自由がある.長い歴史を大きく元に戻す動きがあれば、これは危ねぇぞ、と誰かが言ってなきゃいけないんです。」
 大阪の橋下市政、大阪「維新の会」の動きは多少の色づけをして装いを変えているが、危険な動きであることは明らかだ。その大阪の動きに自民党や公明党がすり寄っているということも記録しておきたい。
 日の丸、君が代の流れもそうした逆コースへの一連の流れであることは間違いない。主権在民の憲法のもとで「君(天皇)が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」などという歌詞が何の不思議もなく歌われる。私は強い抵抗を感じるのだ。
 長くなるからこれ以上書かない。最後に、もうずいぶん前になるが私が小学館発行の教育総合雑誌『総合教育技術』に15回連載した一回分の中に、卒業式に触れた文章があったので次に書きとめておく。


    心に生き続ける卒業式を

 三月。我が塾でも三十名近い中学生が卒業する。半数は小学生から通い続けた。拙著『学び創り遊ぶ』(毎日新聞社)に小三生として登場した子どもたちだ。私の留守に窓をこじ開けて教室に侵入したわんぱく連中。身近な草花で「貼り絵集」を作ってくれたNやM。古材で空き地に基地作ったと招待してくれたSやAやI。手作りのパチンコを首にかけて得意気に歩き回っていたY・・・。みんなみんな塾とともに成長した。
 今、彼、彼女らは授業が終わる夜十時を回っても、追い立てるまで帰らない。ギターを弾き、下手な歌を歌い、おしゃべりに時を過ごす。肩こりと腰痛に悩む私を腹ばいにさせ、交替でマッサージする彼ら。教室の雨戸締めを自らの仕事としてやり続ける0やY。「清瀬子ども劇場」の中学生リーダーに成長したA。動物好きで心優しい0。連ねれば、それだけで紙面を埋め尽くす。彼らは今、卒業記念にと青森の田子町行きを計画中だ。
 卒業は思い出となり、励みとなり、生きる力となり、人生の潤いや豊かさにつながっていく。卒業は新たな旅立ちだ。
 三月。全国で中学生が卒業していく。日の丸に君が代、形式だけが先行する卒業式が子らの心に何を残すだろう。子らが主人公の卒業式でありたい。(三月号)(土屋春雄)
[PR]
by tsukushi--juku | 2012-03-22 18:40 | Comments(0)
3.11東日本大震災1年
         『震災復興・なくせ原発3・11行動in東京』
                            集会に参加した

 集会は三鷹市の井の頭公園で開かれた。集会には約8000人があつまったという。東京各地から集まった地域や団体ののぼり旗の波、当日、会場を回ったカンパ袋には150万円が集まったという発表があった。岩手、宮城、福島のそれぞれの代表。岩手の田老町漁協の代表の報告は胸をうった。涙が止まらなかった。「震災後、大臣が何人も来た。何を見ていったんだ。消費税を上げる前に、年金を削る前に、もっとやるごとあるんじゃねえのが―」という叫びは会場をどよめかした。ドイツ環境自然保護連盟の代表のあいさつもあった。
 東京でもいくつかの場所で集会がもたれ、全国的にも150を超える集会があったらしい。愛知5000人、大阪8000人、福島1万6000人、北海道2000人、青森1530人、群馬2500人福井、兵庫、山梨、長野、静岡、福岡、佐賀、広島などなど、全国各地だ。若い子連れの母親、大学生、高校生、学校の先生、労働者、科学者も弁護士も文化人も、もちろん年配者も、安保闘争を思わせるように広範な国民各層が、声をあげた。この日はまるで反原発デー。マスコミは世界の動きも報道した。大きなうねりとなってさらに広がることを心から期待したい。
 東日本大震災、死者、行方不明者合わせて1万9009人、避難を余儀なくされている人たち34万人。加えて福島原発の放射能渦。計り知れない事態の中で、許されないのは、まだ原発再稼働にしがみついている民主党野田政権。野田政権の基本姿勢は脱原発依存だという。脱原発依存は「一定限度の原発の稼働」を前提としている。目前に控えた原発再稼働の問題でも野田総理は、原発再稼働について、事もあろうに「政府を挙げて自治体の協力、理解を得られるべく全力を尽くしたい」と発言している。先におこなった福島原発『収束』宣言を始めとして、これらの発言は、いかに国民とかけ離れたところで政治をすすめようとしているかを如実に示している!政府は、原発を止めることは日本経済を停滞させ国民生活に重大な支障をきたす、と公言している。だが今、54基ある日本の原発のうち52基はすでに止まっている。国民生活にどんな支障をきたしているというのか。自然エネルギーなど、日本のエネルギー政策転換に本腰を入れたがらず。原発産業共同体に顔を向けた政治にからめとられている自らの姿勢の言い訳に過ぎないではないか。
 私は土筆通信1164号で「世論操作は権力の常とう手段」という文章を書き、その中で次のように書いた。「困難な時代の中で自らの生き方を見つめて――マスコミを多くの情報源としている国民は、何が真実であるかを見極めることが困難な状況におかれている。特に最近の政治情勢の混迷に、戸惑い、どう判断していいか考えあぐねている。中には「誰が政権をとっても同じ」と見切りをつけ、それなら自分や家族の生活だけを考え、楽しく生きていくことだなどと「思考」を停止した生活を送っている人がいるようにも見える。本はもちろん、新聞すら読もうとせず、情報はテレビやインターネットで賄っているという現状もあるようだ。それはそれでいい。だがニュース的情報はそれで十分だろうが「深く」考え、自らの生き方を含めて日本のこれから、子どもたち孫たちの未来にまで考えを及ぼす「思考」は、これだけで生まれてくるとは思えない。
こうした流れを喜ぶのは誰か?権力者であることは間違いない。思いのままに政治を推し進めることができるからだ。その結果が何をもたらすかは戦前の歴史を思い起こすまでもない。その時になって、つまり目に見える形で自らに火の粉が降りかかるようになって嘆くのでは遅いのだ。
私はいつも少数派だった。60年近くの歩みの中で頑固に少数派を貫いて生きてきた。おそらくこれからもそうだろう。私はそれを後悔するつもりはない。むしろ誇りに思って毎日を生きている。それが子どもや孫たちの未来に責任を持とうとする私の生き方であると信じているからだ。今はたとえ少数派であってもいい、やがて大河となって流れ出すことを願って精一杯の発言を続けようと思っている。」

専門的知識も乏しいわたしごときが、舌足らずな発言をしても、という思いがないわけではない。しかし発言もしないで一人ぶつぶつ呟いていてもはじまらない。こんな発言でもお許し願いたい。
 

 
[PR]
by tsukushi--juku | 2012-03-14 18:03 | Comments(0)
政治も社会も人間も病んでいる

政治も社会も人間も病んでいる


 こんなメールをいただいた。
 「今、多くの心療内科はすぐ行ける状態ではないのです。…初診の人は殆ど予約が必須で、土曜は受付も難しいようです。人気のある病院は一カ月待ちです。かくゆう私も一月にお世話になろうと思ったのですが、あきらめました。私の場合は一時的ですので…。
 それにしても数年前も行こうと思った時、一週間待ちの病院も多かったので事態は変わっていないのです。それどころかもっとひどくなっているのではないでしょうか。自殺者も三万人超……ひどいものですよね。」
 派遣労働の横行、格差社会と貧困の増大、正規の職に就くことさえできない人たちがあふれ、加えて福島を始め、東北の人達は、故郷を追われ、家族は切り離され、職さえ得られず、見通しのない生活に喘いでいる。参議院に勤務しているI君の年賀状ではないが「政治は非力でした」という現状だ。
 政治も社会も人間も「病んで」いる。
 だがこの病んでいる現状は自然に病んだのではない。社会の流れだからどうしようもない、などということでは全くない。今までの、そして現在の政治が作りだしてきたもの、そして今なお作り続けているもの以外の何物でもない。派遣労働を見ても、消費税引き上げの流れを見てもTpp(環太平洋連携協定)交渉の流れを見ても、原発事故への責任と対応を見ても、あらゆる点で政治は国民から遊離し、マスコミは無責任にも、一つ一つの過去の政治と政策を検証することを放棄し、消費税引き上げにしても、TPPにしても、はては選挙制度の在り方にしても、〈小選挙区制の弊害が指摘されている時、その小選挙区制導入を大いに持ち上げてきた責任をほおかぶりしているではないか〉あらゆる問題で政権のお先棒を担ぐ傾向が強まっている。
政治の病根を支えているのは、私たちも同様だ。時代の流れと現状に流され、批判力を失い、生活に追われ、不満や怒りさえ心の奥に閉じ込めてしまっている。そういうことはないだろうか。
 政治は変えることができる。かつての自公政治から民主党の政治に変わった時、多くの人はそれを期待した。事実政権は変わった。だが新しくできた民主党政権はしょせん同じ仲間内。期待は次々と裏切られ、今ではいっそう重い病気に犯されている。だがそれは方向が見通せなかったからであって「政治を変える」力がなくなったのではない。間違いなく政治は変えることができる。新たな力が何なのかを見極めることこそが必要なのだ。こんな時代には、選挙目当てに新しい政党や政治勢力が次々旗揚げする。あたかも救世主であるかのようにふるまう連中が次々名乗りを上げるだろう。新しく旗揚げする勢力が有利と見ると、なりふり構わずすりよる政党も出てくる始末だ。マスコミがそれらの勢力を検証もせず、無責任に持ち上げるということもすでに始まりつつある。こんな時こそ、マスコミに振り回されることなく、政策の良し悪しを見抜く一人一人の力が問われる。どう逃げようと、どう無関心になろうと間違いなく政治は私たちの上に覆いかぶさり、私たちの生活を左右する。そうである以上、私たちの目と心が問われているのだ。
そんなことを思うこのごろである。    (土筆通信1185の一部)
[PR]
by tsukushi--juku | 2012-03-03 13:56 | Comments(0)