土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
またまた「やらせ」発覚
  世論操作は権力の常とう手段

夏休みは、例年、土筆通信は書かないことにしているが原発問題をめぐってこうと次々と問題が起こるとやはり黙っていられなくなる。
7月30日新聞テレビ等の報道によれば、経済産業省原子力安全・保安院が原発推進のための住民説明会で「やらせ」質問の工作をしていた明らかになったようだ。中部電力、四国電力などへ、保安院からの指示として「質問が反対一色にならないよう原発容認の立場からの質問を作成し、地元の方に質問していただくように」という内容の指示を出していたというのだ。さらに中部電力では社員、関連企業地元に動員をかけていたというし、四国電力では同社関連企業の社員、老人クラブなどの地域団体に質問、意見を要請し、15人中、10人は四国電力が依頼した人だったという。質問や意見については本人に例文を見せて内容了解のもとお願いしたという。
九州電力の「やらせメール」、福島第一原の情報誘導、そして今回の中部電力、四国電力、次々と不正な世論誘導・情報操作が明らかになってきた。おそらく他の電力会社についても同様なことがあるに違いない。徹底的に明らかにすべきだ。
原子力の安全・保安院が、経済産業省の一部機関というのもまさに癒着の構造そのものだが、その保安院が原発推進の旗を振り、不正な情報操作・世論誘導をしていたのだから、これは権力を担ってきた政府そのものが張本人であるということになる。
長いこと権力の座にあった自民党(公明党)の責任は極めて大きい、また民主党政権も原発依存から抜け出さないでいるという点で、その責任を逃れることはできない。
原発問題だけでなく権力は自らの政策(それが国民にとって容認できないものであっても)を押し通すためには常に情報操作・世論誘導を常とう手段としてきた。戦前の、戦争の苦しみをもたらした歴史をうんぬんするまでもなく、戦後の歴史の流れを見ただけでも明らかなことだ。
権力の情報操作,世論誘導に手を貸したという点では新聞、テレビ等マスコミにも大きな責任がある。原発問題一つ見ても、「原発安全神話」を形作るうえで、マスコミの果たした役割は決して軽くない。

 困難な時代の中で自らの生き方を見つめて

マスコミを多くの情報源としている国民は、何が真実であるかを見極めることが困難な状況におかれている。特に最近の政治情勢の混迷に戸惑い、どう判断していいか考えあぐねている。中には「誰が政権をとっても同じ」と見切りをつけ、それなら自分や家族の生活だけを考え、楽しく生きていくことだなどと「思考」を停止した生活を送っている人がいるようにも見える。新聞すら読もうとせず、情報はテレビやインターネットに頼っているという現状もあるようだ。それはそれでいい。だがニュース的情報はそれで十分だろうが、「深く」考え、自らの生き方を含めて、日本のこれから、子供や孫たちの未来にまで考えを及ぼす「思考」はこれだけで生まれてくるとは思えない。
こうした流れを喜ぶのは誰だろうか?権力者であることは間違いない。思いのままに政治を推し進めることができるからだ。その結果が何をもたらすか、戦前の歴史を思い起こすまでもない。その時になって、つまり目に見える形で自らに火の粉が降りかかるようになって嘆くのでは遅いのだ。
私はいつも少数派だった。70年近くの歩みの中で頑固に少数派を貫いて生きてきた。おそらくこれからもそうだろう。私はそれを後悔するつもりはない。むしろ誇りに思って毎日を生きている。それが子供や孫たちの未来に責任を持とうとする私の生き方であると信じているからだ。今、たとえ少数派であってもいい、やがて大河となって流れることを信じて、精一杯の発言をしたいと思っている。(土筆通信1164号の一部にするつもりで)
 
[PR]
by tsukushi--juku | 2011-07-30 13:16 | Comments(0)
作文(文章)
 作文(文章)を書く子が減った

 土筆塾の「作文」「文章教室」で作文(文章)を書く子が減った。特に小学高学年から中学生は極端に減った。塾の子どもの数が激減しているのだから当然と言えば当然だが、数名の高校生を除けば作文を受講している中学生は2人だけだ。残念だなとは思う。
 先日、卒業生のKさんに会った。土筆通信を見ていた彼女が、「作文がみんな短いねぇ」と言った。言われてみれば確かに短い。短いからよくないとか、長ければよいとかというのではないが、作文の内容がこの卒業生がいたころ、あるいはそれ以前とかなり変わってきたなとは思う。かつての子どもたちの作文には、自分のしたこと見たことに限らず、地域のこと、学校のこと、社会や政治のことなど周りに関心を持ちながら「考えた」ものが結構あった。自分のことを書いた作文でも、しっかりと自分に向き合って自分の生き方、考え方が反映している作文もあった。私は「日常生活派」「人生派」「社会派」などとよく言ったものだ。
 たとえばさきにあったKさんの作文。小学6年生の時だ。
お父さんと私
6年生になって、体のことを意識するようになった私。お父さんとお風呂にも入らないようになった。成長しているのだろうか。お父さんは、ちゃんと私が意識していることを知っているから、お風呂上りに洗面所に入る時は、ノックするか一声かけてから開ける。
 おっ父さんから遠ざかるような気がするけれど、休みの日はいやになるほど一緒に遊ぶ。平日は会わないし、私が嫌がる。大好きなお父さんなのに、なぜか嫌がる。私にはそれがなぜだかわからない。時々悩む子ともあるけれどでもやっぱりわからない。
 私は意識しすぎるのだろうか。クラスの人に聞いてみると、私以上に意識している人がほとんどだ。私だけが意識しているのではないということはわかった。
 お父さんと遠ざかっていくような私。遠ざかりたくないけれど遠ざかってしまう。どう解釈したらいいのか…私には、見当もつかない。
 ほんの一例だがこんな調子だ。
 先日訪ねてきた三つ子の父親になった卒業生、児童養護施設で働くO君の作文もその一つだ。
  少年犯罪に思う(中学3年)
 今、中・高生の起こす事件が多発しているがこれはごく当然なことだという気がする。というのは、学校の教師が学校でいい手本を見せているではないか。生徒の反感やストレスを買うには十分すぎる態度がいっぱいある。
 生徒は大人の理不尽な態度に反抗の気持ちを抱くものの言葉が豊富な大人には太刀打ちできない。だからイライラをぶつけようがなく、一番手っとり早い世間への反抗が犯罪という形をとるのではないか。かわいそうに、やり場をなくしたものが行き着くところが犯罪者のような気がする。
 本当の犯罪者はもっと別なのかもしれない。法律では、それに抗う行為を犯罪としているため、スイッチを押したものは裁くがスイッチを用意したものは裁かないのだ。
本当の犯罪者は、もっと別の何かだとボクは思う。
論の賛否はとにかくとして、こうした社会への関心、それについての考えを書く子は結構いた。紙面の関係でこれ以上書かないが、子どもの、自分と向き合う生活も、社会や政治に対する関心も、家族の中での親子の対話、家族の中での話題などとも関係があるように思う。家族の中に、生活に追われて余裕が持てなくなってしまっているということもあるのかもしれないし、親の価値観が変化してきたということがあるのかもしれない。
いずれにしても大変な時代だからこそ、親も子も、自分と、社会や政治と、しっかりと向き合っていきたいものだ。
 
[PR]
by tsukushi--juku | 2011-07-21 22:05 | Comments(0)
原発問題に触れて
 背景は金まみれ

 またまた、原発問題に触れて少し書く。今言わなければ悔いを残す。そんな思いです。私の意見として読んでいただければ幸いです。

 土筆通信1158号に「原子力発電安全神話と政府・東電の癒着の構造」という文章を書いた。改めて繰り返すことはしないが、その中で「もう一つ付け加えておく。電力業界から政権党に寄せられてきた政治献金についてだ。手元に具体的な資料がないから数字については分からないが、私が国会議員秘書をしていたころ、電力業界から自民党に寄せられていた政治献金は膨大なものだった。その後減ったとは到底思われない」と書いた。
 その後わかったことを少し書いておく。2009年「政治資金収支報告書」によると、09年に自民党に寄せられた献金は沖縄電力を除く(沖縄には原子力発電所はない)東京電力など9電力で2791万5000円。それぞれの電力会社の会長、社長など役員が個人献金という形で寄せている。私が国会にいたころは電力業界から自民党の資金団体「国民政治協会」に寄せていたがその後1974年、世論の批判を受けて企業献金から個人献金という形になったようだ。いずれにしても2800万円近い献金が09年度だけでも行われている。やらせメールで問題になっている玄海原発の九州電力も157万円。九州電力に関して言えば、佐賀県知事にも過去4年間で42万円献金がされているようだし(佐賀県知事は「あくまでも個人献金は個人の政治的な意思で行われるもの」で「法律に沿った形で行われている限り問題ない」と開き直っている)、朝日新聞7月12日朝刊によれば玄海町の岸本町長が町長になる前専務をしていて、現在は実弟が社長をしている「岸本組」が、九電から16年間に約54憶円の工事を受注しているようだ。
 土筆通信1162で、佐賀からメールをくれた宏衣さんは「やらせメールの発覚後、玄海町長の「容認」撤回、知事の「再開見送り」発言が続いています。国に翻弄されているような形となっている。しかし、反対意見が多い中、強引に町長は(原発再開を)「容認」し知事もそれを支持した責任はないのでしょうか」と書いているが、こうした癒着から責任を逃れることはできない。
いずれにしても、政権党だけではなく関係自治体の長を含めて、金でつながる構図が出来上がっているわけだ。これらは原発産業全体に、多かれ少なかれ共通しているといってもいいだろう。

 「安全神話」と世論誘導

もうひとつ「原発安全神話」と世論誘導、世論操作についても触れておく。玄海原発の「やらせメール」問題は大きな波紋を呼びマスコミも大きく取り上げたが、(この問題を最初にスクープし問題にしたのが誰であったかは、マスコミもあまり取り上げなかったが)私は通信1161で「いかにも国民、県民の声であるかのように、世論を操作する、それは権力者の常とう手段だ」と書いた。玄海原発のやらせメールだけではない。1973年、福島原発計画時、9月18日に日本初の「原発公聴会」(原子力委員会主催)が開かれた折、公聴会での陳述希望者を募集、応募し選ばれる陳述人は原子力委員会が選定するというもの。42名が選定されたようだが賛成派27人、反対は13人。しかも賛成の意見を述べたのは、町長、町会議長、県会議員、農業、漁業団体幹部、商工会会頭など地元有力者だったようだ。加えて公聴会への傍聴希望者が同町人口の2倍以上、つまり外部から大量に動員したようだ。
当時の政権党であった自民党が、全面的にバックアップしたことはもちろんで、自由新報(自民党の新聞)が特集号を組んで原発建設地域の新聞に折り込んだり、「関東大震災の3倍の地震が起きても原子炉は壊れないように作られている」などと大宣伝を繰り広げたりしたという。
こうしたことだけではない。「原子力広報・教育予算」は毎年六〇億。日本原子力文化振興財団なる外郭団体などを通して様々なイベントを行い、宣伝をし、エネルギー庁と共催の小学生原発見学などまで行い、それを大々的に書きたてて「原発神話」を作り上げ世論を誘導・操作してきたのだ。長くなるからこれ以上は書かない。

  原子力は、未完成な、危険な技術
 撤退こそが子どもたちへの贈り物

だが、今回の福島原発事故はこの安全神話を根底から覆した。原子力の安全はない。未完成な危険な技術なのだ。原発事故のもたらした被害はあまりにも大きい。もはや地震国日本には原発はいらない。そこから出発した日本の未来を構築することが、子どもたちに残す大人からの贈り物でなければならない。

今求められているのは政権をだれが握るか、果てしない政権争いに追い回されることではない。(過去を振り返り、反省することのできない政党に未来をゆだねることはできない)私たち一人一人が自分の意思を明確にし、声を上げ、行動することではないだろうか。
7月2日に行われた、東京明治公園での「原発ゼロを目指す緊急行動」には、マスコミは完全に無視して報道しなかったが、2万人が集まったという。
[PR]
by tsukushi--juku | 2011-07-16 12:42 | Comments(0)
"やらせメール”
 玄海原発説明会で“やらせ”メール

 まずはじめに、原稿不足のためこのような記事でお許し願いたい。

 去る6月26日、経済産業省主催で、九州玄海原発(佐賀県玄海町)2,3
号機の運転再開に向けての説明会が開かれた。その模様は地元ケーブルテレビやインターネットで視聴できる『しっかり聞きたい、玄海原発』番組として生中継されたようだ。この説明会は経産省原子力安全保安院や、資源エネルギー庁の職員4人と大学教授(いつも出てくるのは御用学者だ)が、国側が選んだ『県民代表』7人に、安全性の説明や疑問に回答するというものだったらしい。
 福島原発事故の収束が遅々として進んでいない中で、また、安全神話が根底から覆されその原因も責任もあいまいな中で、玄海原発再開を要請した政府や関係自治体の長の姿勢を私は容認することはできないが、説明会そのものが『国が選んだ県民代表7人』という極めて閉鎖的な『説明会』の在り方に作為的なものを感じてしまう。ところがだ。それに加えてこの番組に“やらせメール”が組織されていたというのだからあきれてしまう。
 新聞報道によると、番組前の23,24日に九州電力関係会社の社内文書で「九州電力からこのようなお願いがきている」として原発運転再開に賛成する電子メールを放送時間中に送れと指示がだされた。その際、関係会社の管理職は自宅のインターネットに接続して、番組の流れに合わせて運転再開を容認するメールを送るようにと、方法を説明、文言についての指示まであったようだ。
 “やらせ”については、私はあることを思い出す。2006年、教育基本法『改正』が大詰めを迎えたときのことだ。政府主催の『教育改革タウンミーティング』が全国各地で行われた折、やらせ質問が八戸市、岐阜、和歌山、愛媛、大分など8回中、5回にわたって組織されたのだ。「文部科学省から、内閣府を経由して地元教育委員会へ、教育委員会が学校長を通してサクラ発言を組織する」という方法だった。これがあたかも政府案への賛成が国民の声であるかのように操作され、世論が作られていく片棒を担がされた。
 当時、朝日新聞の『朝日川柳』欄に次のような川柳が掲載され、私も土筆通信で取り上げたことがあった。
*サクラ要るようじゃよほどの粗悪品
*やらせまで教えてくれる基本法
*この時期に法改正というセンス
 このころ、全国各地で教育基本法改正に反対する行動が起こり、批判の声も多くあがっていた。ところがマスコミもそうした声や運動はほとんど取り上げず、政府の露払い的報道が多くなっていた。私も「朝日川柳」をまねて
*マスコミのヒラメ報道多くなり
と一句をひねったものだった。
 いかにも国民、県民の声であるかのように世論を操作する、それは権力者の常とう手段だ。マスコミもその片棒を担ぐということもよくあることだ。今回の“やらせメール”もそれに類するといってもいいだろう。
 私は専門家ではないから舌足らずの発言しかできないが、少なくとも、原発はいまだ未完成で、安全とは到底言えない危険な技術であることは、世界的にもアメリカのスリーマイル島原発事故、旧ソ連のチェルノブイリー原発事故、さらに今回の福島第一原発事故を通して明らかなことだ。安全はまさに『神話』だった。さらに使用した核燃料の後始末をどうするかは手つかず、だ。こうした未完成で、危険な代物であることは早くから指摘されていた。にもかかわらず、歴代自民党政権(公明党も含む)はそれを無視して安全神話を振りまき、今また菅民主党政権も原発からの撤退、エネルギー政策の転換に踏み出してはいない。それどころか今回の玄海原発再開要請までしている始末だ。
 もちろん、脱原発がすぐできるわけではない。しかし、その方向を決意し、撤退を宣言しなければならない。前回の土筆通信にも書いたがドイツやイタリア、スイスなどのようにだ。そして、今ある原発54機を、安全を最優先して撤退させるために、御用学者だけでなく、すべての学者専門家の知恵と力を総結集した体制でおし進めることだ。
 私はそう先のある年齢ではない。だが、ことは子、孫たちに及ぶ。子どもたちや孫たちが、将来にわたって命を脅かされることなく安全で幸せでいてほしいと願わない親、「じいじ、ばあば」がいるだろうか。
 政府は「安全が確認された」と玄海原発の再開を要請した。さらに他の原発の再開も期待しているという。
 今原発からの撤退を求める声は、被災地はもとより全国各地に急速に広がりつつある。
今日、7月2日には東京明治公園で『原発ゼロを目指す緊急行動』集会が行われるという。私は授業があるため参加できないが、清瀬からも多数参加するようだ。妻も出かけた。
 この集会、マスコミがどんなふうに報道するかわからないが、被災者の救済、被災地の復旧・復興、原発の収束をそっちのけにした政界のごたごた騒ぎを後追いするだけでなく、国民の声に目を向けた報道をきちっとしてほしいものだ。(土筆通信1161号の一部)
[PR]
by tsukushi--juku | 2011-07-03 08:32 | Comments(0)