土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
普天間基地『移設』問題について
 普天間基地『移設』を巡る問題について

去る4日、沖縄の米軍普天間基地を名護市辺野古へ移転する、という自公政権当時の『日米合意』、その移設問題を最大の争点にした名護市長選挙で、移設に反対する稲嶺氏が当選した。名護市民の意思が明確に表明されたわけだ。民主党政権は当然のこと民意を受け止め、移設受け入れを拒否しなければならない。ところがその後の新聞報道によると、鳩山政権の平野官房長官は、選挙結果を「斟酌する理由はない」などと、民意に左右されないかのごとき発言をしたり、新たな移設先を探したりと、右往左往している。新たな移設先探し、それは基地のたらい回しに他ならない。しかも「受け入れ先の自治体が応じない場合は法的決着を図ることもありうる」などともいい始め、強制収用をにおわせる発言までしているようだ。何と情けない政権か。
 日米同盟は日本の安全に取って基軸だ、米軍の抑止力は日本の安全保障上必要だという立場に立つ以上、辺野古への逆戻りか基地のたらい回しか、いずれかの間を揺れ動く以外にないだろう。「日米同盟は基軸」とか「抑止力」とかいう呪縛から抜け出さない限り、基地問題は決して解決しない。沖縄県民との間の矛盾は決して解決する事はないだろう。
 鳩山新政権ができて最初の本格的な国会論戦、私は大いに注目してきた。政治とカネ問題も生活関連の論戦も色々あるがここでは普天間基地移設問題に関連して少し書いてみたい。
 テレビで国会論戦を観た。普天間基地移設をめぐり論戦では、なんと言っても共産党の沖縄選出議員、赤嶺氏の質問が圧巻だった。詳しく紹介する事はできないが、沖縄は先の戦争で唯一住民を巻き込んだ地上戦が行われたところ。赤嶺氏によれば「上陸した米軍は住民を収容所に強制的に入れ、その間に、軍用地・民有地問わず接収、基地を建設し、収容所から帰ると鉄条網が張られ、自分たちの土地が基地に変わっていた。」「普天間基地が作られた場所には民家も役所も郵便局も墓地もあり、各集落に黒糖製造所もあった」サンフランシスコ条約締結後も「米軍は銃剣とブルトーザーで住民を強制的に排除し、基地をさらに拡張した」と沖縄の歴史を突きつけ、『日米同盟』『抑止力』を振りかざして沖縄県民のねがいより、米軍の論理を優先してきたと指摘し、「軍の論理より民の尊厳を大切にすべきだ。主権国家の総理なら、県民・国民の立場に立って、普天間基地の無条件撤去の対米交渉を始めるべきだ」と述べていた。
 沖縄の米軍基地は『抑止力』か。普天間基地は米海兵隊の基地。海兵隊は海外での戦争の折の殴りこみ部隊だ。ベトナム戦争しかり、イラク戦争しかり、アフガン戦争しかり。さらに海兵隊は沖縄で引き起こされる米軍犯罪のおおもとだ。
 私は1995年2月13日の日記に次のように書いている。
 「沖縄でまた米兵による少女暴行事件が起こった。14歳の中学3年生が乱暴されたのだ。基地がある限り事件は後を絶たない。」そして翌日の土筆通信に次のような文章を書いた。
    基地がなくならない限り
犯罪はなくならない!

沖縄で、米海兵隊員による女子中学生暴行事件が起きた。新聞報道によれば「容疑者は、沖縄市内の路上で友人と一緒にいた中学3年の女子生徒に『家まで送ってあげる』と声をかけ、オートバイで沖縄本島中部にある容疑者の自宅へ連れて行った。少女は途中で逃げ出したが車で後を追い、裏通りに止めた車の中で少女に乱暴したという。」(朝日新聞社説)書く新聞が取り上げ報道しているから詳しいことは省くが、沖縄での米兵による事件は繰り返され、後を絶たない。基地がある限りこうした事件は繰り返されるだろう。分けても思い出されるのは一995年に起きた米海兵隊員3人による少女暴行事件だ。当時怒りの県民集会には8万5000人が集結した。新聞が大きく報道する中、土筆の子ども達は作文で次のように書いた。

女性暴行事件に思う  (中学2年)

 沖縄の北谷町で米兵による女性暴行事件があった。このことは新聞やテレビなどで大きく報道された。テレビでは沖縄の人びとにインタビューしていた。そのなかで「本当に頭にきますよ。こういう事件が起きるたびに思うんですよねぇ。早く米軍基地がなくならないかなぁってね」と話していた。僕もそう思った。
 僕たちは沖縄に住んでいないから、こういう事件が起きても真剣に考えようとはしない。でも、沖縄の人びとにとってはものすごく深刻な問題なんだと思う。
 先生が話していたが、このあいだの日米首脳会談で、小泉首相はアメリカに対して抗議をしなかったらしい。僕は、これが一国の首相がやることか!と思った。
 こう考えると沖縄の人びとが怒る気持ちが少しわかった。
 沖縄は日本の領土である。にもかかわらず米軍の基地が存在するというのは、おかしいことだと思う。日本も安保条約地位協定などという変な決まりのせいで、米兵をたい捕することができなかった。なぜ、戦後半世紀以上にもなるのにこんな決まりを結んでいるのだろう。こんな決まりを結んでいる必要があるのだろうか。

 事件が起こるたびに米軍当局は「綱紀粛正」や「二度と事件を起こさない」と約束してきたそれが何の効果も上げていないことは、あとを絶たない米軍犯罪を見れば明らか。沖縄県民の怒りが頂点に達していることは当然だ。朝日新聞は社説で「沖縄の我慢も限界だ」と書いている。
 基地がある限り米兵による犯罪はなくならない。先日、清瀬で沖縄に駐留しベトナム戦争に参加したもと米海兵隊員アレン・ネルソンさんの講演があって聴きに行った。ネルソンさんの本『ネルソンさんあなたは人を殺しましたか?』も読んだ。本の中でネルソンさんは海兵隊にとっての沖縄について次のように書いている。
「実戦さながらの激しい訓練を除けば沖縄は私たちアメリカ兵にとって毎日がカーニバルのような楽しい島でした。ただしそれはあくまでアメリカ兵にとってであり、沖縄の人々にとっては悲しく屈辱的な島だったはずです。(中略)ありったけのお金を使って酒を飲み、女性と遊ぼうとします。そんな兵士たちが遊ぶことができる場所がたくさんある沖縄は、まるで遊園地のようだったのです。(中略)たとえば、町に繰り出して飲んだくれたときなどキャンプ・ハンセンに戻るにはタクシーを使いましたが、料金を踏み倒すのはしょっちゅうでした。タクシーの運転手が支払いを催促しても、私たちはニヤニヤ笑って無視します。それでも運転手が請求すれば、私たちは運転手を車の外に引きずりだし、気絶するまでめちゃくちゃになぐるのです。それは女性と遊ぶ時も同様です。女性がお金を要求しても、払う気がなければ無視しましたし、それでもしつこく要求してくれば、女性でも容赦なく殴りつけました。町を歩いていても、わけもなく沖縄の人をバカにしたり、脅したりしました。
 そんな悪行の限りを尽くしても、アメリカ兵は逮捕されることはありませんでした。基地のゲートをくぐってしまえば、私たちは安全であり沖縄の警察の手が及ぶことはなかったのです。軍にとがめられることもありませんでした。」
犯罪が起こるたびに多少は改善されたが基本的には変っていない。だからこそ犯罪は後を絶たないのだ。沖縄の怒りは国民全体の怒りでなければならない。

鳩山政権は『日米同盟』『抑止力』という使い古された論理に絡めとられて、いつまで沖縄県民、日本国民に犠牲を強いるのか。この点ではマスコミもこの呪縛から抜け出そうとしない。
日米同盟・抑止力は日本の安全に本当に必要なのか。日米安全保障条約改定50周年を機に、根本から問い直す必要があるのではないだろうか。  ( 土筆通信NO1108号)

 
[PR]
by tsukushi--juku | 2010-01-29 13:14 | Comments(0)
新年おめでとうございます
新年おめでとうございます

企業献金だろうが大資産家の親からだろうが
政党助成金という名の税金からだろうが
金に群がり金に動かされるそんな政治に
正義も真実も愛も、そして未来もない。
期待抱かせて華々しく登場したが
あっちから、こっちからボロが出始めた。
後戻りはできない以上
今年こそ声と運動を大きく広げる時。
その向こうに道は開ける。

今年もよろしくお願いします。

二〇一〇年 元旦
通常国会での論戦が楽しみです。
[PR]
by tsukushi--juku | 2010-01-09 17:32 | Comments(0)