土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
お茶目なÅ君
 お茶目なA君

 金曜日、6年生の算数の時間だった。早めにやってきたあきら君がニコニコして教室に入ってきた。「先生、いいことしよう」。取り出したのは唐辛子4個。たかの爪唐辛子というのだろうか?辛いヤツだ。3個は真っ赤だが1個はまだ青い。「これさぁ、皆に食べさせるゲームをしよう。じゃんけんで負けた人が食う。先生を入れると5人だから、勝った1人だけは食わなくていい」
 私は早速賛成した。
さて全員がそろった。ルールを説明すると「私、からいの、苦手!やだぁ」という子もいたがやることになった。「口直しにみかん、上げる」そういって私は5個のみかんを用意した。
「最初はグー、じゃんけんポイ!」一番先に負けたのは私だった。次々負けが決まって唐辛子がわたった。私はまだ熟していない青いのをとってまず口に入れた。ウーンからい、口の中がひりひりと焼けるみたいだ。だが知らん顔をした。ニヤニヤしながらみんなの食べるのを待った。みかんの皮をむいていつでも食べられる用意をした子どもたちが、真っ赤な唐辛子を口に入れた。「うっー」「からイ!」。あわててみかんを口に放りこむ子、洗面所に走る子。しばらく大騒ぎになった。じゃんけんに勝って、唐辛子を食べなかった子もみかんに釣られて食べた。5人全員、あきらくんの持ってきた唐辛子の洗礼を受けた。愉快な、愉快な時間になった。
「眺めるだけでは、木や草とは語れない。触る。木登りをする。木の声に耳を澄ます。においをかぐ、食べる、葉や花や木の実で遊ぶ。木と語るには、五官をはたらかせることだ。」天声人語『木に聞け』の一節だ。
 私は毎年のようにフキノトウを手に入れて、子どもたちをだまして食べさせ、フキノトウの苦さを体験させた。
 さて唐辛子を持ってきたあきら君。国語の時間にこんな作文を書いている。

  野菜がいっぱい
                  六年 A・Y
八月二七日、ミニトマト五個、小さいナス二個、唐辛子七個、大きすぎるキュウリと、形の悪いキュウリが合わせて八本、家で育てている四種類の野菜が取れたので、全部土筆に持っていった。ほとんど形の悪いものばかりだが、それなのに先生は大喜びして「さっそく今晩いただこう」とか言っちゃって・・・
 去年より種類が減ったが、収穫は増えた。育てるのは少しにしたほうがいいのかなぁと、たまに思う。けれど、もう一種類育てたいなぁとも思う。でも、夏はもうすぐ終わりだしキュウリとミニトマトが成長しすぎてジャングルのようになっていて、植えるスペースもない。考えてもけっきょく来年まで待つしかないと思った。
 家庭菜園を始めたのは三年生のときだ。それから三年たった。毎年育ててきたが、なかなかうまく育てられない。でも新鮮なだけは確かで、味はまずまずだろう。先生が喜んでくれるのだから満足しよう。

さてA君、来年も野菜作りやるだろうか。そして今度はどんな楽しみを用意してくれるだろうか。

(土筆通信NO・1104号の一部)
[PR]
by tsukushi--juku | 2009-12-23 16:48 | Comments(0)
「語彙・読解力の検定」にふれて
語彙・読解力の検定

 12月11日の朝日新聞によると、今度、朝日新聞とベネッセコーポレーション共同で、「語彙・読解力検定」をやることにしたらしい。記事によれば「日本語を読み、書き、伝える力が揺らいでいる」「最高学府である大学。そこで学ぶ学生が、『五月雨』を『ごがつあめ』、『踏襲』を『ふしゅう』と読む。」など漢字力の低下や、「文章を書くのが苦手という学生が増え、前後の文脈が意味不明のリポートを提出する。そしてしっかりした日本語を身につけないまま社会に出る。」こうした現象を問題視しているようだ。長い記事だから紹介するわけにはいかないが、考えさせられる記事だ。
 大人も含めて子ども達の活字離れが指摘されて久しい。本を読むことが少なくなり、新聞を読むということからも離れる傾向が続いてもいる。
 私は塾開設当初から『読む力、書く力』を重視して、可能な限りその機会を設けてきた。
『作文』の授業を国語から独立させて組んだのもその一つだが、最近は高学年になるに従って作文を受講する子は減り続け、数えるほどになってしまった。国語の時間は可能な限り、文学作品に限らず、新聞なども活用していろいろな文章に触れさせるようにしてきた。週1時間しかないから何ほどの事もできないが、それでもかなりの文章を読んできた。子ども達の中には長い文章を読むことを嫌い、途中から眠ってしまうという子さえ現れる。それでもなお、多くの文章に触れさせ続けてきた。
ことばの力を養うことにも力を入れてきたつもりだ。漢字の読み書きだけでなく、語彙力が身につくようにも心がけてきた。それらが学校の授業やテストにどう反映したか、点数結果にどうあらわれたか、それはわからない。だが生きる力には間違いなくつながるはずだ。わたしはそう信じている。
今回報道された『語彙・読解力検定』を子ども達が受験するかどうかは分からないが、こうした検定を私は歓迎したい。
試みに新聞に掲載されていた高校生用(天声人語からの出題。難易度高校生向け)の『語彙・読解力検定』問題を、作文に来ていた中三生にやらせてみた。1問間違えただけで、ほとんど正解した。国語の時間、中三の子どもたちにもやらせてみた。
結果は次の通りだった。(インフルエンザで欠席した1名を除く)
8問中。7問正解が2名、5問正解が1名、4問正解が2名、3問正解が1名。
高校生向けの問題だから難しいかなと思ってが「結構やるもんだ」と少しうれしくなった。この日の国語は、天声人語から『太目のサンタ』『木に聞け』の二つを読んだ。
子ども達には可能な限りいろいろな文章に触れさせたい.  

卒業生が二人やってきた

 15日火曜日、高校三年の卒業生が二人でやってきた。前日、電話があってこの日、きてくれたのだ。「無事卒業できそうです。就職、進学決まりました」との事。一人は吉祥寺にある洋品店の子供服売り場担当の店員。もう一人は武蔵野美術大学油絵科に合格した。今年卒業の高校生の就職率は55.2%、大変な就職難の中だ。武蔵野美術大合格も現役での合格。二人とも本当によかった。小学生が授業にやってくるまで一時間半ほどおしゃべりして帰っていった。「また来るからね」と言い残して。
 13日日曜日には26歳になる卒業生Mと会食もした。卒業した子ども達がこうして声をかけてくれる。うれしいことだ。
 京都大学大学院修士課程(博士課程)の学ぶ、S君からも、近況を伝える手紙が届いた。次に紹介してみたい。

 土屋先生

 京都はすっかり冬の雰囲気で、山奥の調査地では降雪がありました。
 今年度も修士課程に引き続き、京都府北部にある芦生(あしう)研究林という森の中で河川源流域の渓流水、水生昆虫などの調査を行っています。
 高校生だった頃から研究職を志望していたということもあり、毎日充実した研究生活をすごしていると思っています。
 最近は、学生・研究職の間で民主党政権による『事業仕分け』の研究部門への様々な「削減」判定が大きな話題となっています。私個人としても技術先進国である日本で、研究部門の予算が大きく削減される事は、非常に残念であるだけでなく、危険であると感じています。
 十月末、独立行政法人、「日本学術振興会」の特別研究員に、私の研究の申請が幸い採用されました。これもまた文科省の若手研究者育成事業の一つで、事業仕分けによって削減と判定された事業です。わが身にも無関係な話ではなくなってきました。
 とにかく今は残りの博士課程二年・三年次で、よい研究成果を出していきたいと思います。先生もお元気で。清瀬に伺う時は御連絡いたします。

S君は土筆通信が1000号を迎えた折もメッセージを寄せてくれた。土筆塾での思い出も、作文もたくさんあるが、1000号へのメッセージだけ書き添えておく。

 ついに土筆通信1000号ですね!

 すごい!思えば土筆通信に載せられるように、いい作文を書きたいなあと、作文の時間によく考えていた頃がなつかしいです。あの頃の土筆通信はなんごうだったかなあ。
 ところで、今回メールを書こうと思い立ったのは近況を報告しようと思ってたからなんです。今春、無事千葉大を卒業しまして、高校一年生辺りから思い描いていた環境保全について学び研究するという目的のため、京都大の地球環境大学院に進学しました。主にこの大学院では、水域を中心とした豊な生態系の保全にかかわる研究(森、川、里、海連環学)と地域の人々へ向けた環境教育について実践していくと思います。同級生の皆さんも、同じく地球環境問題に関して目標を持ち、高い意識を持って各々活動しているようなので、負けないように自分の思う保全について良く学び、実践していきたいと思っています。(後略)

          『土筆通信1103号より』

*土筆塾がホームページを持っていた頃は土筆通信はそちらに掲載していた。事情でホームページを閉鎖したためブログに、毎回とはいかないが掲載させていただくことにした。
[PR]
by tsukushi--juku | 2009-12-19 10:35 | Comments(0)
子どもの遊び、そして自然体験のこと
   子どもの遊びそして自然体験のこと

 Yくんが清瀬の児童施設「ころぽっくる」で行われたベーゴマ大会で、三位になったという。賞状を見せてくれた。よかった、よかったと私は心から喜んだ。三年生の算数の授業の折、そのことを話してやると、M君が「僕も出ればよかった」と残念がっていた。
土筆塾の子どもたちは今もベーゴマに熱中している。YくんやMくんを初め、ほとんどの子どもたちが入塾とともにベーゴマを始めた。最初はヒモも巻けなかった。回すこともおぼつかなかった。私がヒモを巻き、子どもたちが回す。回し方も手をとって教えた。そうした日が続いた。子どもたちは家に持ち帰って練習したり、自分のべーゴマを買ってきたりしてずいぶん練習した。その成果が、今度のY君の三位入賞ということになったわけだ。
今ではY君だけではない。M君、S君、4年生のR君、T君、5年生のF君などほとんどの子どもたちが「土俵」の上で勝負する。もちろん私も加わるが、負けることも多い。ベーゴマの回転にも勢いがついて「ブーン」と結構うなりを上げる。
授業が始まる前、早く来た子どもたちからベーゴマが始まり、授業が終わった後も、次の学年の授業が始まるまで夢中だ。こうした遊びはいい。Y君の入賞も大いにほめてあげたい。
土筆塾は32年目を歩んでいるが、第一期生の頃からベーゴマは土筆での遊びの主流だった。
土筆塾第一期生Iくんは、もう40歳を超え現在参議院に勤務、党首討論担当という重い仕事についているが、彼は土筆塾を卒業する折、その卒業感想文の中でこう書いている。
「土筆で忘れられないのは、なんといっても僕にとっては、ベーゴマだ。あれは面白かった。ぼくが小学五、六年のころだ。ベーゴマに熱中したのは。
あれはひもを巻けるようになるまでが、まず一苦労だった.最初、こぶをひっかけて一巻きしたところを中心に巻いていくのだが、最初が肝心だった。ひもが巻けるようになっても、なかなか回せない。軽く投げるようにしながら、すばやく引く。その引きのタイミングが肝心で、回らないたびに「引きが弱い!」と土屋先生に言われたものだった。
回るようになっても〝引き〟のタイミングが肝心で、ポリバケツの上にゴザ(またはシート)を乗せた「床」(土俵)の上で回すのだが、それがうまく乗るかどうかも、この引きのタイミング次第だった。
こうして「床」の上で回せるようになるとやっと勝負ができる。三人が次々に「床」の上にベーゴマを乗せ、弾かれて外に飛び出した方が負けだ。先生のベーゴマはうなりを上げて回っていて、次のベーゴマにぶつかると、火花を出してはじき飛ばした。大抵は先生が勝った。そんな時先生は僕たちに「昔取った杵柄だよ」と笑いながらおっしゃった。若さが光っていた。先生に勝つまではと暗くなるまでつづけたこともあった。」
ベーゴマについて作文を書いている子は毎年のことで、多い。それだけ人気があるということだろう。
 ベーゴマだけではない。土筆塾の子どもたちはたくさんの遊びをしてきた。竹鉄砲(えのみ鉄砲)、ビーダマ、オハジキ、竹とんぼ、そしていろいろな外遊び。ある子はこう書いている。「……竹鉄砲や竹とんぼ、焼き物を作ったこと、林の散策、雪合戦、わら草履つくり、……数え上げればいくらでもある。それらを作文の授業中にやったことは、ザラにできる体験ではない。自分の手で作る楽しさ、それで遊ぶ面白さ。私は「作文」に行くたびに新しく何かを知って、そのたびにワクワクしたものだ……」また、私はある子どもについて次のように書いた。「……彼の考え出す遊びは実にユニークだった。竹鉄砲作りでは、二本の竹鉄砲をガムテープで巻いて「二連発銃」なる物を作るし、竹鉄砲のうち合いでは衣服にタマが当たると実の汁がついて汚れるからと、ビニールのゴミ袋を、首の部分と両手の部分に穴を開けて、Tシャッ代わりに着るなど、いろいろ工夫するのだ。そうかと思うと家の近くにある通称「水天宮」と呼ぶ日枝神社の縁の下にもぐり込んでそこに基地を作ったりする」彼は私についても次のように書く。「小学校の頃は、先生というより、ぼくらのガキ大将みたいだった。」
 遊びを多くしたからといって学力が下がったわけではない。ベーゴマについて書いた子は都立武蔵高校から東大を卒業したし、次に触れた子は国分寺高校から千葉大卒業だし、その次の子は同じく国分寺高校から武蔵野美術大大学院卒業だ。一人一人取り上げればきりがないほど一人一人、確かな自分の人生を歩いている。
 この土筆通信を書き始めてから、ふと今朝(12月23日)の朝日新聞のこんな記事が目に止まった。「自由に遊ぶ環境の再構築を」という環境建築家・放送大教授仙田満さんの文章だ。全文を紹介したいところだが、長い文章なのでほんの一部だけ引用させていただく。
「日本の子どもたちはこの60年間で、自由で豊かなあそび環境を大幅に失ってきた。
 日本の子どもたちのあそび場は古くから道が中心だった。道によって空き地も原っぱも森も寺社の境内もつながっていた。しかし、1960年代半ばを境に、道は自動車に奪われ、一気に子どもたちは多様な遊び空間を失った。そしてあそび時間を支配し始めたのがテレビである。80年代後半からテレビゲーム、近年ではパソコンや携帯電話などによって、子どもたちは外で群れて遊ぶ時間を分断されてしまった。……」
 土筆の周りにも子どもたちと遊ぶ空間はなくなってしまった。遊びに対する親の意識もすっかり変わってしまった。群れて遊ぶことや自然の中で遊ぶという体験が、また、さまざまな自然体験が、子どもの成長に欠かすことのできないものという私の思いは、かろうじてベーゴマや竹鉄砲に残され、秋の遠足や、春の山菜摘みの「あてのない遠足」になって生きているが、遠足や山菜摘みは年々参加者が減ってきているのが現実だ。
 子どもたちの育つ環境をどうすればいいか、親としてできる事は何か、改めて考えてみたいものである。紙面がなくなってしまったので、書きたいことは多いがこれで留めておく。ただ、土筆通信1101号に掲載したHさんの文章を、私は興味深く読み、共感したことだけ、付け加えておく。
[土筆通信NO1102号掲載)
[PR]
by tsukushi--juku | 2009-12-04 14:35 | Comments(0)