土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
本を読まない子が多い
本を読まない子が多い

 5月27日朝日新聞に、気になる記事があった。『本を読む親の子どもは優秀』という見出しの記事で、記事の書き出し部分は次のようになる。「『成績上位の子どもの保護者は本をよく読む』『下位の子の親が好むのはテレビのワイドシヨー』お茶の水女子大とベネッセ教育開発センターが共同で調査したところ、親をハッとさせるこんな結果が出た」というのだ。私などは別に調査したわけではないが日ごろからそれを感じてきた。
子ども達と触れていると、本を読まない子がめだつ。小学低・中学年生までは結構読んでいるようだが、学年があがるにつれて読まなくなり、中学になると読まない子が増える。学校で夏休みなどの宿題で「読書」でもない限り、年に一冊も読まないという子さえいる。子ども達が触れているのはテレビゲームやケイタイが多い。ケイタイなどは月の使用料が1万円・2万円、いやそれ以上ということになるらしい。わたしなどは、ケイタイは今年の誕生日に娘たちがプレゼントしてくれたがまだ使いこなせないほどで、せいぜい電話と、送られてきたメールを見るくらいで、どんな使われ方があるのか分からないほどだが、1万円も2万円もそれ以上もというと、どんな使われ方をしているのだろうと驚いてしまう。テレビゲームやケイタイ使用が子どもの日常生活の常態だといえなくもない。これでは本(マンガや雑誌を除く)などとても読めないだろう。
子どもたちにできるだけ本を読む機会を与えようと、日ごろから授業で心がけているが小学生でも6・7ページの作品になると「これ長いよー」という声がとびだすし、中学生になると作品を読み始めると眠ってしまう子さえいる。
最近こんなことがあった。中学2年生だが中間テスト範囲の作品を、自分で一度も読んでいないというのだ。学校で読んだのかと尋ねると、CDの朗読を聴かされたという。先生の朗読もないというのだ。だから試験範囲であるにもかかわらず、内容をほとんど知らない。理解する以前の問題なのだ。これではテストでいい点が取れるわけはないと思うのだ。
もちろん、新聞もテレビ欄やスポーツ欄は別として、読まない子がほとんどだし、私が子どもに手渡している土筆通信さえ、たまにとか時々とか子どもの作文だけとかで、私の書いた記事などは、「読んでいる」子は数えるほどだ。とにかく活字に触れる子が少ないのだ。これが学力にどう影響しているかは改めて言う必要もないだろう。評論家なら現実を指摘し、あれこれ論評することですむだろうが、日々子どもと接し何とかしょうと実践している人間にとっては苦労の種なのだ。
ところで朝日新聞の記事のように親はどうだろう。これも調べたわけではない。子どもの話を少しだけ聞くだけだから全くの想像ということになるだろうが、本を読まない親も結構いるように思えてならない。新聞の政治記事や『社説』や論説的な記事はあまり読まれていないのではないか。私は子供に(特に中学生には)新聞を読む事を勧めるが「新聞とっていないよ」という子に何人もぶつかる。色々事情もあるだろうからなんともいえないが、親の中にも活字離れが進行し、「あまり本を読まない」という方がいらっしゃるのではないだろうか。せめて土筆通信は読んでもらいたいと思うが、それさえも子どものカバンに何部も何部もたまっているのを見ると、ガッカリしてしまうのだ。朝日新聞のこの記事ではないが親の読書傾向は、その生活態度を含めて間違いなく子どもに反映する。親の子どもへの語りかけが「勉強しなさい」「……しなさい」と言った命令や号令だけでは、子どもの心には響かないのだ。子どもは親を見て育っているのだから。
朝日新聞のこの記事にある共同調査に参加したお茶の水女子大の浜野隆氏は「『本を読む』『読み聞かせをする』などは家庭の文化といえる。文章に接する機会が多くなれば読解力が高まる」と分析しているようだ。家庭にどんな知的・文化的環境があるか、ということは間違いなく子どもの成長に大きな影響を与える。
学力の問題だけではない。親が子どもにどんな環境を用意するかは、子どもの成長にとってあいまいにはできないことなのだと私は思う。
思いつくままに書いた。失礼があったらお許し願いたい。
                                      「土筆通信NO1082号」より
[PR]
by tsukushi--juku | 2009-05-31 20:53 | Comments(0)
久し振りの政治的発信
   久し振り、政治に触れて書く

 政治上の問題はあまりにも多いからとても書ききれることではない。ほんの少しだけということになる。
 民主党の小沢代表が辞任した。11日その辞任会見が行われて、その要旨が新聞報道された。「来る衆議院選挙での必勝で政権交代を実現させるため、挙党一致体制をより強固にするため、あえてこの身を投げうって辞任」したのだという。大見得を切ってはいるが、要は準大手ゼネコン西松建設からの違法献金問題で追い詰められ、説明責任も果たせない中での「逃げ」でしかあるまい。挙党一致体制が取れなくなった事も世論に追い詰められた民主党の一部が、このままでは選挙に勝てないと党内から不満を噴出させ、収拾もつかないガタガタ状態になって来たことによるものだ。西松建設から「ダミー」の政治団体を使っての億を超える巨額の献金を受けてきた事には「わたしには一点のやましいところはない」などと開き直って、民主党自身が申し入れた党首討論を前に、それすら放棄して「逃亡」したのだ。
 小沢代表の後がまをどうするか、鳩山だ、岡田だと党内もマスコミ報道も大騒ぎだ。党略を優先して献金疑惑にふたをし、党として疑惑を明らかにしようという「自浄努力」も放棄して「選挙で絶対勝つ」だの「政権交代」だの権力争いだけが賑々しい。
 ほくそえんでいるのは自公政権だろう。これまたぼろぼろの末期症状の中で、どさくさにまぎれて、15兆円を超える税金をばらまく選挙目当ての補正予算を、数を頼んで強行採決。さらに「沖縄の普天間基地縮小、グァムに移転」、を口実に米軍の基地再編戦略のために兆を超えるといわれる巨額の金を米軍のために提供する、などというとんでもない協定、(参議院ではとりあえず否決されたが)を押し通そうとしている。また、どうみても憲法違反としか言いようのないソマリア沖に自衛隊を派遣する[海賊対処法案]をゴリ押ししようとしているなど数え上げればきりがない。
 国民は医療、介護、年金、派遣切リによる失職、就職を初めとする仕事そのものなどなど、生活のあらゆる分野で苦しみにあえいでいるのに、正面からそれに立ち向かう論戦すら不十分なままに、自公はもとより民主もまた党利、党略に汲々としている。
 自民党の末期症状を象徴するかのように、またまた、鴻池官房副長官の辞任騒ぎがおこった。「親しい女性」と国会議員特権のJRパスを使って(私的使用は認められていない)2泊3日のゴルフ旅行。引責辞任に追い込まれたのに、病院に逃げ込んで「健康上の理由」と言ってのける、なんともあきれ果てたものだ。麻生政権発足からわずか8ヶ月。中川前財務相ら不祥事で辞任した閣僚・高官は何と4人目だ。これを末期症状といわなくて何と言うのか。
さきにガンで亡くなった、土筆通信読者で生前は青森県のある村の教育長をされていたAさんが、「私は必ずしも民主党支持ではないが、悪政を続ける自民党に代わる次善の策として民主党を支持する」とメールをくれた事があった。その彼がその後の民主党をみて、「中身は自民党と基本的にも体質的にも同じ、今度は共産党を支持する」とメールしてきた。残念だがこのメールを実行する前にAさんは亡くなった。Aさんではないが自民党に代わる次善の策として民主党を支持し、政権交代を切望する人は多いのではないか。だが民主党がそれに値するのかどうか。小沢代表に限らず「政治と金」に汚れた民主党議員も後を絶たない。政策的にもあいまいさをもつ寄せ集め政党が「次善の策」に値するのか。加えて今回の党利党略を前面にした権力争いの醜態だ。
こんなときこそ、全国くまなく草の根に支部を持ち、あらゆるところで、あらゆる分野で国民の声をくみ上げ、その声を代弁して活動する、草の根の党が必要とされるているのではないか。こんなときこそ、企業・団体からびた一文政治献金をもらわず、憲法の思想信条の自由を踏みにじって国民の税金で政党の政治活動をまかなう「政党助成金」を受け取らない、正義と潔白を貫いている党が必要とされるのではないか。
最近の政治の動きを見ながら私はそんなことを思う。
[PR]
by tsukushi--juku | 2009-05-14 22:21 | Comments(0)