土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
政党助成金
   政党助成金と企業・団体の政治献金
政党助成金(政党交付金)の2009年分が新聞で報道された。
 共産党を除く自民、民主、公明、社民、国民新、新党日本、改革クラブの七党が、総額約320億円を申請したという。(共産党はこの制度は憲法に違反するとして受け取りを拒否、制度そのものの廃止を主張している)自民党が157億3000万円、民主党が118億3200万円、公明党が27億2500万円など交付されることになるという。
私は二〇〇五年九月二日付け土筆通信(NO924号)この政党交付金について次のように書いた。
「政党助成金(交付金)は国の予算、つまり国民の税金から、国会議員の頭数によってそれぞれの政党に支払われる。政党の活動が国民の税金によってまかなわれるわけだ。今から10年ほど前、当時企業・団体からの政治献金という名の賄賂が次々と大問題になり、社会的批判を浴びた。企業・団体からの政治献金がもらいにくくなった政権党は、企業・団体からの献金を自粛せざるを得なくなった代わりに、数の力で『政党助成法』なるものを成立させ、国民の税金で穴埋めする「政党助成金」(交付金)なるものを作り上げた。ところが企業からの献金も、様々な抜け道を用意してもらい続け、政党助成金ももらうという二重取りの構図が出来上がった。……
 この政党助成金は10年半で何と3284億円、政党別に見ると、自民1548億円、民主党、679億円、公明党240億円、社民党273億円にのぼる。この政党助成金が政党の収入に占める割合は自民党59・9パーセント、民主党84・6パーセント、……。これではまるで国民の税金で政党運営をしているといわれても仕方がない。
 そもそも政党というのは自らの掲げる政策と、活動を通して国民の支持を仰ぎ、そのカンパや,党員の納める党費あるいは出版活動や事業活動などを通して資金を獲得し、その浄財で運営されるものでなければならない。国民の税金を使って政治活動をする、(国民からしてみれば支持もしていない政党に自らが納めた税金が使われる)これこそ税金の無駄遣い……ではないか。」
 今、深刻な金融・経済危機が国民生活を脅かし、派遣社員を初めとする首切りが吹き荒れている時、こんな無駄遣いは即刻やめるべきだ。口を開けば「無駄遣いをなくす」と叫ぶ政党や政治家は、交付金を受け取って恥ずかしくないのか。

 企業・団体の政治献金についても、最近一つの具体的事例が明らかになった。巨額の賄賂と裏金作りで新聞紙上をにぎわしている準大手ゼネコン「西松建設」がトンネル政治団体を作って巨額の政治献金をしていたことが明らかになった。
インターネットで調べてみると「西松建設」から政治家に渡っていた献金は(パーティ券を含む)次の通りだ。(1月26日「しんぶん赤旗」参照)
 これはほんの一例に過ぎない。こんな政党、政治家に国民の苦しみが分かるはずがない。私はあえてそういいたい。
[PR]
by tsukushi--juku | 2009-01-29 14:16 | Comments(1)
頑張れKちゃん
          頑張れ!前を向いて明るく生きよう

 中学2年生のS・Kちゃんが、こんな作文を書いた。

    明るいね

 この間、近所の人に
「Sさん、明るいね」
と言われた。私はいつもの通りにしているだけだったので
「そうですか?」と聞き返した。その人は
「うん、明るいよ、だけどそれでいいんじゃない?」
といった。よく意味が分からなかったけれど学校に遅れそうだったので、聞き返さなかった。
人は前に進む事だけ考えて振り返る事をしないというだけでも、また、後ろを見ているだけで前へ進もうとしないだけでもダメなのだと思う。しっかりと前へ進んでときどき後ろを振り返ることが大切なのだと思う。だから私はいつもの通りにしている。「明るいね」なんていわれるとなにか「まだまだだなぁ」と思ってしまう。

 この作文だけでは何かよく分からないかもしれない。だが事情を知っている私は「そうだ、そうだよ。ガンバレよ」と声をかけたくなってしまう。
S・Kちゃんは昨年暮れ、最愛の父親を病気で失った。末っ子だったKちゃんを可愛がり、Kちゃんもまた誰よりも慕っていた「お父さん」だった。父親の闘病生活の間も気丈に常に明るく、塾を休む事もなくいつもの明るさで通い続けた。父親が亡くなったという悲しい知らせを受け、私も告別式に参列したが、何よりもKちゃんのことが気がかりだった。告別式のその日はそっと「がんばれよ」と声をかけただけで終わったが、誰よりも心を痛めているであろうと思うと、私の心も痛んだ。
 このKちゃん、告別式の日はもちろん塾を休んだが、何とその翌日には塾にやってきた。それからもずっと塾を休むことなく通い続けている。もともと明るすぎるくらい明るかったKちゃんだが、その明るさは少しも変わっていない。
Kちゃんは小学2年生のとき土筆に入ってきた。私が「西堀・新堀コミュニテーセンター」で講演した折、まだ小学校にも上がっていなかったKちゃんが、母親について来てくれていて無邪気に遊んでいた事を、私は良く憶えていた。土筆塾は小学2年生から入塾を受け入れているが、その2年生になるのを待って入ってくれた子だった。土筆の「あてのない遠足」にも秋の遠足にも欠かさず参加した、いわば根っからの土筆ッ子だ。
 「人は前に進む事だけ考えて振り返る事をしないということだけでも、また、後ろを見ているだけで、前へ進もうとしないだけでもダメなのだと思う。しっかりと前へ進んで時々後ろを振り返ることが大切」と書いたKちゃんを私は心強く思う。
 私はKちゃんの作文の後にこう、コメントした。
「前を向いて進む。時々後ろを振り返る。その通りだ。あっさり振り向く事を忘れて前へ進むだけではいけない。前に進むためにこそ後ろを振り返る事が必要なのだ。後ろだけ振り返って、打ちのめされて、前へ進めないというのでは、人間は、この時代を乗り越えて生きていくことはできない。前向きに、だが常に自分と向き合う姿勢をわすれないように。」
 これから長い人生を生きていかなければならない。Kちゃん、頑張れ!
[PR]
by tsukushi--juku | 2009-01-23 12:34 | Comments(0)
新年に当たって
  2009年の出発にあたって

 今年の年賀状にはおめでとうと書けなかった。「派遣切り」という首切りの嵐。広がる働く貧困層。もろもろの苦しみ。無能無策な自公政権への怒りの新年となったからだ。
今年はこの怒りを軸に連帯を広げる年にしたい。悪名高い「後期高齢者」の仲間入りを余儀なくされた私だが、どっこい、まだ現役だ。皆さん今年もよろしくおねがいします。

 今年も250枚近くの、たくさんの年賀状を頂いた。塾生、卒業生、引っ越していった元塾生、土筆通信読者、そして私の古くからの友人。私は毎年の事だが年賀状を読むのを楽しみにしている。特に、年賀状を通して肉声が伝わってくるのがいい。年賀状を通して人の輪が広く、深くつながりあっている事を確認できるのがいい。
 今、こうした人のつながりが何よりも強く求められている。わずか20パーセントそこそこの支持率しかない政権が、日本をがたがたにしている。毎日の新聞の論調を見るだけでもそれは明らかだ。儲ける時にはしこたま儲けて、何十兆円もの「内部留保金」を溜め込み、自分たちに都合が悪くなるとまるで物のように労働者を切り捨てる大企業。「企業の社会的責任」を投げ捨てたこの非常さ。こんな時代を作り出した政治は変えなければなければならない。そう思うのは私だけではあるまい。政治を変える力、それは国会を舞台の駆け引きや取引ではない。はりめぐらされた草の根からの民衆の連帯だ。政治はその声の大きさ、連帯の広がりに左右されて動く。今回の「派遣労働者の切捨て」とそれをめぐる運動と連帯の広がりが、国会を動かし政治を動かしていること一つを見ても分かるではないか。声を上げよう、人の輪を大きく広げ大きなうねりにしよう。私も微力ではあるがその端くれとして、今年も発信を続けたい。
 「ちっぽけな一塾が政治に対して大きなことを言うな。塾は塾らしく子どものことだけ考えていればいい」そんなおしかりを受けるかもしれない。しかし教育もこの政治の流れの中にあり、政治がどちらを向くかで、子どもたちの将来が大きく左右される以上、たとえちっぽけな塾でも、必要な発言はさせていただきたい。今年もそんな思いで出発したい。
 さて、今年もたくさんの年賀状を頂いたわけだが、そのいくつかを紹介してみたい。

* 昨年は本当にいろんなことが起きましたね。これまで社会で起きている事をどこか、他人事のように見ていましたが、今年はそうもしていられません。自ら動き、何か社会を変えていきたいと思います。(卒業生)
* 昨年は、自公政権が荒れに荒れた年だったと思います。とはいえ、民主も「マルチ商法」を行う企業から献金を受け取った議員がいたなどよくない側面が見えていました。
 今年はおそらく選挙があると思いますが、国民には「吟味した一票」をしていただきたい。選挙権のない僕の切なる願いです。(卒業生)
* 去年は土屋先生にとって大変な年だったと聞いています。お身体を大切に貴重な学び舎を守ってください。私は医療ソーシャルワーカーになって2年、病院には社会的問題を抱えてきた方がこれほど多い事に驚き、悩み、いろいろ考えました。今後ますます格差、貧困が進んでいきますが、現場からの声を発信していこうと思います。(卒業生)
* 一生勉強、一生青春、会いたいです。(卒業生)
* 私は今年度も一年生を担任しております。素敵なところをいっぱい見させてもらいながら、毎日を過ごしています。(小学校教師になった卒業生)
* 今年は息子も中3になります。マイペースの息子は中学生活いくつかの山を越えながら頑張っています。つまずきそうになると土屋先生のお顔が浮かびます。今年こそ親子で会いに行きたいです。(元塾生の親)
* 東京外大を目指して勉強しています。(卒業生)
* 指定校推薦で「東京理科大学」に合格できました。今後も勉強に励みますので応援よろしくおねがいします。(元塾生)
* 息子は大学院、娘は看護師の学校に行っています。お会いしたいです。(元塾生親)
* 今年は三人目がお腹にいて生まれる予定。子ども達を連れて今度会いに行きますね。(引っ越していった元塾生)
* いやな事の多い世の中ですが、先生―、頑張って何とかしてください。おねがいします。(元塾生の親)
* 土屋先生の、決然たる思いの年賀状、確かに受け取りました。自分が感じ、学び行動することを小さくても積み重ねて行きたいと思います。(土筆通信読者)
* 今年も健康が守られ、子ども達のためによきお働きを続けられますようお祈り申し上げます。人を物扱いして恥じないような、こんな壊れた時代だからこそ希望や、人への優しさを身につけた子どもを育てていく働きは、とても大切だと痛感いたします。(土筆通信読者)
* 継続は力なり“を地で行くような積み重ね、素晴らしいですね。今年も力をあわせましょう。(友人)
* 「土筆」の皆さんの作文力に敬服、どんなご指導をしてられるんでしょう。(高校時代の友人。元教師)

 まだまだたくさんあってとても紹介しきれない。この辺でとどめておきたい。
[PR]
by tsukushi--juku | 2009-01-12 10:11 | Comments(0)