土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「わが青春の断面」つづき
「前々回のつづき、「わが青春の断面」を書きとめておく。
 6月22日の日記

安保反対は国民各層に及んでいる。労働者、学生、大学教職員、文化人、芸能人、中小の商店主とそ岸内閣追撃の、労働者600万を中心としたゼネスト。その規模は最高でありストへの支持は国民戦線的な規模に発展している。農民層の参加が決定的に遅れている。
新安保自然承認と言う事態は日本歴史の暗さを示しているが、同時にまた民衆を最大限組織した闘いに立ち上がらせたということによってそれは闘いの烽火ともなった。暗さだけに目を奪われてはならない。民衆の戦いは間違いなく前進している。

私の教師時代は、日本歴史上、激動の時代であった。『日米安全保障条約』改定をめぐっていわゆる安保闘争が全国で野火のように広がり、国会周辺は連日連夜、国民的大デモの渦中にあった。

オレは何だってこう勇気がないのだ。何だってこうしり込みしてしまうのだ。なんだってこう、心にフタをしてしまうのだ。今という、この重大な時期に。安保問題について訴えねばならないこの時期に。このオレの弱さが、かつて戦争を許した弱さだ。同質の弱さだ。

  むち打って むち打って オレの心にむち打って
  生徒たちが笑っているではないか
  先生の弱虫、それで私たちを守れるというの?
  むち打って むち打って オレの心にむちうって
  だが、訴えかける同僚の多くは
  とたんに心臓にふたをする。
  教壇に立って、子どもと向き合うときがせめてもの救い
  心は重い

 安保闘争は、日増しに激しさを増していった。もう、ためらっていることは許されなかった。

眠れない夜だ。午前3時。布団に入ってから、二時間が過ぎた。何だってこう眠れないのだ。「六月十九日、午前零時、安保条約はついに自然成立しました。その瞬間、国会周辺をとりまいた空前のデモ隊は、緊迫した空気に包まれました。」
 
 冷ややかな声だ。
 テレビに映し出された無数の顔、顔
 引き締まった唇 瞳は怒りの野火だ
 ぼくはぼくの怒りをあなたたちに重ねる
その場にいかれないのが残念だ

 岸内閣を打倒せよ、国会は即時解散せよ
 津波のように押し寄せる
 テレビの画面を飛び出してぼくの耳を打つ
 暗い夜だ、屈辱の日だ

 何だってこう眠れないのだ
 くもの巣にかかった蝶のように
 ばたばたとただ
 寝返りを繰り返すだけではないか

 樺さんぼくはあなたを知らない
 だが、あなたの死をぼくは永遠に記憶するだろう
 多くの仲間の血が流された
 一九六〇年六月十五日の日を

 人間であることを放棄したものどもに
 人間であるがためにこぶしを突き上げて隊伍を組んだその日から
 流され続けた幾多の血の尊さを
 ぼくは知っている

 右翼と称する雇われのと殺人どもが棍棒を振るって襲いかかり
 引き裂かれた悲鳴が逃げ惑うとき
武装した警官の壁はただ傍観していたのだ
 私たちの管轄ではないと、冷ややかにうそぶいて

生きることを否定されたあなたたちが生きるために戦ったとて
どうしてそれが「暴徒」でありえよう
盾を手に棍棒を振りかざしておどりかかったやつらこそ
暴徒でなくてなんだというのだ

樺さん、あなたは殺されました
あなたたちを「暴徒」とののしったやつらの泥靴にふみにじられて
眠れない夜だ。午前3時
夜明けはまだか 夜明けはまだか

 一九六〇年五月二十日午前零時六分、衆議院で強行採決された「新安保条約」は、参議院で審議、採決されることなく、一ヵ月後の六月十九日午前零時「自然成立」という形で成立した。
 この間の一ヵ月は、連日、デモ隊の波が国会に押し寄せた。とりわけ自然成立した日もそうだが、その四日前の六月十五日のデモ隊は大規模なものだった。この日のデモ隊は、右翼や警官と激しく衝突、このなかで、当時東大生であった樺美智子さんが殺された。右の詩はこうした一連の動きを歌ったものだ。

   子どもたちの上にも深刻な影響が・・・

 歴史の激動は子どもたちの上にも深刻な影響を与えた。教室で質問攻めにあって答えられない教師もいた。教師の「安保」学習が繰り返され、職員会議の議題となり、その会議は深夜に及ぶこともあった。私はもっぱらチュウター役をひきうけた。

六月十五日   (高校1年)
       
雨よおまえたちまでが
 大地が血と涙を吸い取ったあの暴虐の日々を
 忘れさせようとするのか
 大地よお前は 私の涙も吸い取った
 でも 私の体まで吸い取ることはできまい
 お前は私まで押し流すことはできまい

 その時期、子どもたちから寄せられた詩や作文を、私は私の大学時代の同人誌と同じ名前の「冬の芽」という、小冊子にまとめた。教師たちも黙っていることは許されなかった。学習会に次いで職員室を署名簿が回った。そうした動きの中で、全教職員の三分の二に当たる、教職員有志連名の「声明文」が、学校の正面玄関通路に、模造紙二枚に書かれて貼り出された。

      声明文

国会内外で、長い間大きな問題を巻き起こしていた、新安保条約が五月二十日午前零時六分、岸自民党内閣によって、強引に可決された。それは、社会党、民社党、共産党の各議員を、警官を導入して実力で締め出し、さらに自民党内の反対意見さえ無視し多数国民の意思を踏みにじった暴挙以外のなにものでもない。
すでに知られているように安保条約は、労働者、農民、市民、学者、文化人など、多数の国民によって反対されてきたものでありその声は2000万に及ぶ署名となって全国に広がっている。
たとえどのような理由をつけようと、この国民の意志を踏みにじった今回の暴挙は、民主主義を無視した行為と断じざるを得ない。もしこのような暴挙が是認されるなら、民主主義は重大な危機にさらされるだろう。
我々は怒りを込めて抗議し、新安保条約の成立に反対する。
我々は、岸内閣が直ちに国会を解散して、民意を問うことを強く要求し、ここに声明する。OO高校・中学校  教職員有志

この声明文の原案は私が書いたが、その原案が、手元に残っていたわけだ。
ところで、この声明文は直ちに神戸市内の私立学校教職員宛に発送され、やがて、神戸私立学校教職員組合協議会結成につながった。組合のなかった私の学校にもこれを機に教職員組合が結成されたのだ。
[PR]
by tsukushi--juku | 2007-10-24 20:13 | Comments(0)
子どもの未来と憲法を考える会
 夏の間休んでいた「子どもの未来と憲法を考える会」の活動を再開する。11月11日(日)に勉強会を持つ予定でこんなチラシをつくった。

   「子どもの未来と憲法を考える会」勉強会おしらせ
 長いことお休みしていた会の勉強会を再開します。
 安倍前内閣が政権を投げ出し、福田政権が誕生して、国会が再開されています。安倍前首相が掲げ推し進めた、私的諮問機関「教育再生会議」は事実上崩壊状態ですが、前安倍内閣の元で押し通した教育基本法改悪や国民投票法改悪は引き続き生きています。今は鳴りを静めているように見える憲法「改正」は自民党の党是として生き続け、憲法を先取りする「テロ特措法」は装いを変えて登場してきました。「戦争をする国」に向かっての自公政権の動きは決して緩まってはいません。
 子どもたちの未来をこうした動きにゆだねてはならない。私たちは心を込めて、市民の皆さんに呼びかけます。
 いま、沖縄を初め全国あちこちで、かつての戦争を語り継ぐ動きが活発化しています。戦争を知らない若い人たちに戦争の悲惨さを語り継ぐことは、二度と戦争を起こさせないためにこそ、大切なことだと思います。
 今回の勉強会は「わが町清瀬『戦争と平和』(生徒とともに作る)を鑑賞し、戦争中、清瀬がどのようであったかを振り返りながら勉強したい、また子どもたちへの平和教育の大切さをともに考えてみたい、と思い計画しました。
 ビデオ製作に携わりその指導をされた、前清瀬第5中学校、定信夫先生を講師にむかえました。是非おいでください。特に若い方たちの参加を期待します。

   『わが町清瀬『戦争と平和』ビデオ鑑賞と話し合い
   時   十一月十一日(日) 午後二時から四時半
   場所  気象衛星センター隣『ころぽっくる』
   講師  定  信夫(前清瀬第五中学校教師)
   (若干の資料代をいただきます。)

       主催  「子どもの未来と憲法を考える会」
       連絡先    清瀬市中清戸3―251  土屋春雄
                             (TEL 492―1681)

 「我が青春の記」は次回に。
[PR]
by tsukushi--juku | 2007-10-18 16:15 | Comments(0)
我青春の断面
沖縄の軍による「集団自決」問題をめぐって11万人という大集会が行われたことが大きく報道された。久しぶりの大集会。こうした国民の怒りはもってもっと湧き起こり広がらなければならない。。僕は1960年の安保闘争を思い出す。マスコミももって国民的運動の立場からの報道を取り上げていたように思う。今回、「我が青春の断面」としてかつての安保闘争をどう生きたのかに触れて書いてみたい。

       我が青春の断面

 土筆通信には『50年の歩みを振り返って』『日記と詩で綴る我が青春の断面』としてそれぞれ10回にわたって大学時代から結婚するまでの、私の青春について連載した。これはかなりの長文で、ここで取り上げるわけには行かない。ここでは、1960年代、いわゆる『安保闘争』を背景にした時代について、当時の日記と詩をそのまま紹介することにとどめたい。



一九六〇年・激動の時代―安保闘争

 私の教師時代は、日本の歴史上、激動の時代であった。『日米安全保障条約』改定をめぐって、いわゆる安保闘争が全国で野火のように燃え広がり、国会周辺は連日連夜、国民的大デモの渦中にあった。

5月23日に日記の片隅に次の新聞記事が添付されている

 [長田] 区内私立高等学校教師懇談会、安保反対を声明
 土屋春雄氏を代表とする同会は、このほど「安保改定は認められない。国会は直ちに解散せよ」と声明した。(神戸新聞)

   6月15日の感想
 ここに1つの詩がある。6月15日に関連したものである。6月15日といえば岸内閣退陣、国会解散を要求する国民的大デモがおこなわれ樺さんが犠牲になった日である。まず詩を見よう。

      雨     (高校一年)

雨が人の心をぬぐい去ろうと
しょうしょうと降っている
雨よ おまえまで
大地が血と涙をすいとった
あの暴虐の日々を
忘れさせようとするのか

大地よお前は
私の涙をすいとった
でも私の体まですいとることはできまい
雨よ お前は私までおし流すことはできまい

私はここで詩の良し悪しを言おうとは思わない。ただ政治のゆがみに対して真剣に取り組もうとする瞳の輝きを美しいと思うのだ。
 この、平和と幸せを求め、現実の醜さに立ち向かう瞳にはあきらめや無力感はない。
 「現在の社会においてすべての人が幸せだといえるだろうか。みんなが楽しく働き、暮らす権利がある。不幸な人がたくさんいたり、お金に苦しめられたり、民主主義国家のなかでその民主主義がゆがめられたり・・それがどうして幸せな世の中といえるのだ。私は日本が幸せな国になることを疑わない。しかし幸せになるためには、みんなが団結しなければだめだ。一人が一生懸命がんばっても集団の力にはかなわない。だから私たちの未来のために一人でも多くの仲間と団結しよう。」 (高・1年生の文)
 私はこの瞳たちを信じよう。」(土屋)

これは新聞の記事だ。何新聞か書き落としているがここに書きとめておく。

5月25日の日記。

去る20日、岸自民党政府は警察権力を導入して社共両党議員を締め出し、単独で『安保』を可決した。その暴挙をどうして黙って見過ごすことが出来よう。1000万を超えた安保反対の署名に表された国民の意志は完全に無視され、民主主義は踏みにじられた。
 ぼくは怒りをたたきつけてやりたい衝動を抑えて、抗議の声を組織するために立ち上がった。職員室にも憤懣と怒りが感じられた。ぼくはそれを見逃すことは出来なかった。
ぼくは直ちにその夜から行動を開始した。五名はすぐに結集した。だが幅を広げなければならない。ひとりでも多くの声を集めねばならない。三日間、ぼくらは修正に修正を重ねてついに十五名の声をまとめた。一人を説得するために三人がかりで四時間かかったりもしたのだ。
 粘り強くなければならぬ。じっくりと話さねばならぬ。

 声明は決定された。明朝、学校の玄関に貼られるだろう。他校への発送と新聞社への発送も必要だ。この声明を第一段階としてさらに行動を進めるだろう。黙っていることは許されない。

 6月19日の日記

 6月19日、午前1時40分だ。つい、1時間40分前、屈辱的安保条約は「自然成立」した。怒りと憎しみを込めて見つめるテレビの画面に今、数万の学生、労働者が映し出されている。ふつふつと沸き立つ怒りを胸に秘めて、整然と戦う労働者、そして学生たちよ、暗く冷え切ったコンクリートの上に新聞紙を敷き詰めて戦う労働者、学生たちよ、たとえ安保が自然成立したとしても、おとろえることのない炎のような瞳よ、ぼくは今、あなたたちの中に混じることの出来ない苛立ちを抑えて、画面に映し出されるあなたたちを食い入るように見つめている。どうして眠ることなどできよう。屈辱の条約は胸の中に焼き付けられている。この日、このときをどうして忘れることが出来よう。樺さんの命を奪いひとかけらの人間らしさも投げ捨てた岸総理とその番犬の官憲どもへの怒りを、どうして忘れることが出来よう。ぼくらの怒りと闘いは人間性を守る最低限の闘いだ。人間が人間であるがための闘いなのだ。退くことは出来ない、絶対に出来ない。もし退くならそれは自ら人間であることを放棄したことになるだろう。次回へ




            
[PR]
by tsukushi--juku | 2007-10-03 19:48 | Comments(0)