土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

森友学園
            森友学園、籠池さんへ

 森友学園、籠池さん、私はあなたの歴史観、国家観、教育観、あなたの思想とは360度違うけれど、あなたの証人喚問での発言は「本物だな」と思いましたよ。あなたが言った[神風が吹いた]「大きな力が働いたと思う」という発言、安倍昭恵夫人が人払いした二人だけの場で「安倍晋三からです」と100万円をくださったという発言、その通りですよね。
 あなたと安倍首相は歴史観も、国家観も共通していたから、あなたは心から尊敬し、信頼していた。まあ、同志だったんですよね。だから色々便宜を図り、力も貸してくれた。あなたにとってまさに神風だった。だからこそ、園児に「安倍首相頑張れ、安倍首相頑張れ」などと唱和させ、「安保法制成立よかったです」などと一生懸命激励し、応援したいたんですよね。
 「安倍晋三記念小学校」なんて思いついたのも、安倍夫人に小学校名誉校長をお願いしたのも、あなたの安倍首相への信頼のあらわれだった。そうしたあなたの信頼にこたえてくれた、100万円の寄付はそのあらわれだった。あなたは「大変名誉」なこととしてありがたく頂いた、そう言うことだったんですよね。
 ところが、9憶56000万円の国有地が、8億円以上値引きされての払い下げ疑惑が発覚してから、今回の疑惑の数々が表面化すると、安倍首相の態度が豹変し、あなたや奥さんを悪者として描き出そうとした。夫人とあなたの奥さんの親密だった関係も、手のひらを返すように変わった。「裏切られた」、あなたも、あなたの奥さんも強くそう思ったのは当然ですよね。
 あなたは、権力が身を守るためには、平気でウソをつき、証拠をことごとく隠ぺいし、さらには同志でさえ平気で切り捨てる「トカゲのしっぽ切り」は常套手段だということを甘く見ていた。それはあなたの正直さでもあってかもしれないけれど、大変な誤算だったんですよ。あなたもトカゲのしっぽ、次にはあなたと安倍夫人を結ぶ、ファックスで回答をくれた「昭恵夫人つき「秘書」(経産省の公務員)」もトカゲのしっぽとして、責任をおしつけられ、切り捨てられるということになるかもしれませんよ。権力は保身のためには手段を選びません。
 あなたも、あなたの奥さんも腹をくくって、まだ語っていない事実とありったけの思いを、マスコミを通して、国民に発信したらどうですか。
それがあなたの「愛国心」ですよ。国の不正・腐敗をただす、たった一つの道だと思って、勇気を持って発信してください。
もう一度念のために言いますが、私はあなたの思想、あなたの国家観、歴史観、教育観には反対です。もちろん安倍首相の国家観、教育観、思想そのものにも反対です。日本会議の様々な活動も許せないと思っています。
 しかし、安倍首相に裏切られた、あなたの悔しさと怒りは、充分に理解できます。
どうぞ、勇気を持って思いのたけを語ってください。(3月27日
[PR]
by tsukushi--juku | 2017-03-29 15:17 | Comments(0)