土筆塾主宰・土屋春雄のブログ

総選挙1300号で迎え撃つ
   1300号は歴史的決戦の中で迎えた

土筆通信が1300号を迎えた。折も折国会解散、総選挙ということになった。

総選挙1300号で迎え撃つ

 といきたいところだが、手作りのパチンコで巨象に立ち向かうようなもの。それでも意気高く臨もう。
 安倍内閣の19人の閣僚中15人が、かつての侵略戦争賛美、靖国派の歴史観に立つ『日本会議国会議員懇談会』メンバーという異常。(土筆通信1288号参照)そのもとで独裁的に進められる政治の実態。「特定秘密保護法」「集団的自衛権行使容認」などなど、海外で戦争をする国に向かっての大暴走。政治も経済も教育も文化もその地ならしが、きれいごとの言葉を操って着々と進められる。それが安倍自民党政治の本質だ。「公」の方は歯止めどころか、安倍政権暴走への「安全弁」みたいな存在だ。
 総選挙はこうした安倍自公政権への審判でなければならない。安倍政権への「幻想」は持たない方がよい。
 総選挙を前にすると、「野党」と称する政党の右往左往が始まる。解党だ、復党だとあっちにくっついたり、こっちにくっついたり、政策などはそっちのけ、当選しそうなところであればどこでもいい。
 自民党と言わず「野党」(ぶれない党もある)と言わず、票の集まるところ、当選できそうなところならどこでもいい。彼らは当選することだけが目的、議員という座の甘い汁が欲しいだけ、と言っても言い過ぎではあるまい。こんな中では、またまた不正な金が動くだろう。繰り返される「政治と金」、政策では戦えない、金に頼るしか身を守れない面々だ。
 と言って、あきらめても無関心になっても、政治は動く。「どうせなるようにしかならない」は自らの首を絞めるようなもの。どの政党が本物か、どの候補者が味方か、見極める目と心を持ちたいものだ。(土筆通信1301号の一部)
 
[PR]
by tsukushi--juku | 2014-11-21 21:32 | Comments(0)